深津絵里さん33年ぶり東海道新幹線の新CMに 出張がテーマ 「会う」を取り戻せ JR東海

JR東海は、深津絵里さんを起用した東海道新幹線の新しいテレビCM「会うって、特別だったんだ。」を2022年1月16日(日)から放映開始しました。

深津絵里さん出演のJR東海キャンペーン「会うって、特別だったんだ。」屋外広告(JR東海提供)
深津絵里さん出演のJR東海キャンペーン「会うって、特別だったんだ。」屋外広告(JR東海提供)

新CMは、大阪出張から東京へ帰る深津絵里さんが新幹線に乗り込むシーンからスタートします。しばらくリモートでの会議が続いていた取引先と久しぶりに対面での打ち合わせを終え、ホッと一息つきながら思い返し、少し心が近づいた気がする、そんなビジネスのふとした瞬間が描かれています。

「NOW TRAVEL ShinOsaka」(★5)【個室のシェアハウス】静かにしたい方のゲストハウス(騒げません)★コンビニ3分★老舗銭湯が徒歩1分(提供: 楽天トラベル) Supported by Rakuten Developers

深津さんは、JR東海が1988年(昭和63年)からスタートした「クリスマス・エクスプレス」シリーズCMの第1作に出演しました。「会うのが、いちばん。」のキャッチコピーとともに大きな反響を呼んだ同作から33年が経ち、新型コロナウイルス感染症の影響により簡単に人に会えない日々となってしまいました。

JR東海は、このような一変した世の中で「会うことの価値」をもう一度見つめ直し、東海道新幹線を利用するビジネスパーソンの「会う」をこれからも支え続けたいという思いでこのCMキャンペーンを企画したと説明しています。「働くあなたを今日も乗せて」のナレーション、「会いたい人に会える」新幹線のイメージ作りに一役買った深津さんの再登板と、原点回帰の感のある新CM。昨今の変革によりビジネス上で“Face to Face”のコミュニケーションがどんどん希薄になっている中、浸透しつつある新しい価値観に対して待ったをかける強烈なメッセージとも捉えられます。

CMで流れるゆったりとした楽曲「望み」は、3人組バンドodol(オドル)が今回のために書き下ろした新曲です。直接会うことで自然と笑顔があふれ出す、そんなシーンに存在する空気や温度を歌にしたとコメントを発表しています。

【写真で解説】JR東海 東海道新幹線の新CMに深津絵里さん起用

テレビCMは、2022年1月16日(日)にTBSで放送された日曜劇場「DCU」内で60秒バージョンが初めて放映されました。1月17日(月)からは東海道新幹線の沿線エリア(東京・静岡・名古屋・大阪地区)で30秒バージョンのオンエアが開始します。また、新宿駅・品川駅・名古屋駅・阪急大阪梅田駅など、東名阪の主要スポットではCMキャンペーンの屋外広告が順次掲出されます。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉