盛岡〜滝沢間で増便 IGRいわて銀河鉄道ダイヤ改正 最終列車繰り上げも 二戸方面は減便

IGRいわて銀河鉄道は2022年3月12日(土)にダイヤ改正を実施し、昼間や帰宅時間帯を中心に運転区間や本数、時刻の見直しを行います。

IGRいわて銀河鉄道IGR7000系電車(KUZUHA/写真AC)
IGRいわて銀河鉄道IGR7000系電車(KUZUHA/写真AC)

今回のダイヤ改正は、通勤・通学や通院の利便性を確保しながら利用実態に合わせた見直しを行うとのことです。朝の時間帯はおおむね現行ダイヤが維持されますが、昼間以降は増減便や運転区間の変更などが発生します。

昼間時間帯は利用の少ない列車の運転区間が短縮され、いわて沼宮内駅〜金田一温泉駅間の運転本数が上下各1本削減されます。盛岡駅と二戸駅方面を結ぶ列車は下りが3本から2本、上りは2本から1本に統合されますが、列車の間隔が開きすぎないよう可能な範囲で時刻を調整するとしています(運転時刻は下表を参照)。また、時刻変更により列車の間隔が拡大する13〜14時台には、盛岡駅〜滝沢駅間で上下各1本の列車が増発されます。

帰宅時間帯は、利用が多い盛岡駅〜滝沢駅間に下り列車1本が増発されます。一方で、盛岡駅〜いわて沼宮内駅間を結ぶ上下各2本の列車は利用の少ない区間の運転が取り止められ、滝沢駅または好摩駅発着に短縮します(運転時刻は下表を参照)。

【時刻表で解説】IGRいわて銀河鉄道 2022年3月12日(土)ダイヤ改正

深夜時間帯も利用実態に合わせて見直され、現行ダイヤで平日の最終列車となっている盛岡駅23:30発の滝沢駅行は運転が取り止められます。また、現行ダイヤで盛岡駅22:36発の滝沢駅行列車は22:25発に発車時刻が繰り上げられるとともに、土休日は運休となります。

これらのダイヤ見直しにより、盛岡近郊エリアの盛岡駅〜滝沢駅間では1日を通して増便(平日2本、土休日1本)となる一方、滝沢駅〜金田一温泉駅間では1日あたり2本ないし4本の列車が減らされます。なお、青い森鉄道線に直通運転する盛岡駅〜八戸駅間の列車の本数に変更はありません。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉