秩父鉄道 急行「秩父路」 当分の間料金無料に PASMO導入記念 通常210円の急行券不要

秩父鉄道は交通系ICカード「PASMO」のサービスを開始することを記念して、急行「秩父路号」の急行料金無料化を実施します。

急行「秩父路号」で運行している秩父鉄道6000系電車(ちゃんこちゃんこ/写真AC)
急行「秩父路号」で運行している秩父鉄道6000系電車(ちゃんこちゃんこ/写真AC)

利便性の向上や非接触による感染症対策の強化を目的に、2022年3月12日(土)始発から秩父鉄道全駅でPASMO、Suicaなど交通系ICカードの利用が可能になります(利用可能なICカードは下図を参照)。各駅にはIC改札機が設置され、PASMO定期券やPASMOカードの発売も同日から主要駅で開始します。

初日の2022年3月12日(土)には、サービス開始を記念したオープニングセレモニーが熊谷駅で開催されます。地元の小学生が参加してのラッピング列車「彩色兼備(さいしょくけんび)」へのヘッドマーク装着式、鉄道ものまね芸人 立川真司による駅放送などのイベントが予定されています。特設ブースで交通系ICカードを提示した方には数量限定「オリジナルカードケース」のプレゼントも用意されています。

【路線図で解説】秩父鉄道 2022年3月12日(土)から急行「秩父路号」急行料金無料化

また、PASMO導入キャンペーンとして、熊谷駅〜影森駅(一部は三峰口駅)間で運転している急行「秩父路号」の急行料金が無料となります(停車駅は上図を参照)。急行列車の乗車には乗車券のほかに急行料金(大人210円・小児110円)が必要ですが、2022年3月12日(土)から当分の間は乗車券のみで利用できます。なお、同日以降の乗車分となる急行料金券については無手数料で払い戻されます。

秩父鉄道はわかりやすく利用しやすい料金体系とすることで、鉄道でのお出かけをより身近なものにしたいとコメントしています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉