ラッシュ時減便 終電繰り上げ 神戸電鉄ダイヤ変更 特快速は2本のみに 粟生線急行は消滅

神戸電鉄は2022年3月12日(土)にダイヤ変更(ダイヤ改正)を実施し、朝・夕ラッシュ時間帯を含む減便や終電繰り上げなどを行います。

神戸電鉄6500系電車(Apple Express Japan/Shutterstock)
神戸電鉄6500系電車(Apple Express Japan/Shutterstock)

従来から利用が減少傾向であったところ、新型コロナウイルス感染症の影響が加わり利用者数がさらに落ち込んでいるとのことです。この状況を踏まえつつ、アフターコロナの社会を見据えた運転本数・区間および列車種別となるよう見直しが行われます。

朝ラッシュ時間帯の有馬・三田・粟生線では、平日ダイヤで下り6本・上り3本、土休日ダイヤで下り4本・上り3本の列車の運転が取り止められます。列車種別の変更も行われ、有馬・三田線では一部の特快速列車が急行列車に、一部の急行列車が準急または普通列車にそれぞれ置き換えられます。粟生線では現行ダイヤで3本運転されている上り急行列車がすべて準急列車に変更となり、急行の種別が消滅します(詳細は下表を参照)。

夕ラッシュから深夜時間帯にかけても運転本数が見直され、平日ダイヤで下り11本・上り8本、土休日ダイヤで下り10本・上り8本の列車が減便となります。有馬・三田線では一部の急行列車が準急・普通列車に種別変更されるほか、平日には下り1本・上り2本、土休日には下り1本の列車が増発されます(詳細は下表を参照)。

【時刻表で解説】神戸電鉄 2022年3月12日(土)ダイヤ変更

深夜時間帯は特に利用者数が大きく減少していることから、有馬・三田・粟生線で最終列車の見直しが行われます。運転区間の縮小や運転時刻の変更により10〜30分程度終電時刻が繰り上がる区間が発生します(運転時刻は上表を参照)。これにより、営業終了後から始発列車までの間に行う鉄道施設の夜間保守作業にかかる時間が確保され、作業を効率的に行うことができるとしています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉