メンテナンス維持のため 箱根登山鉄道ダイヤ改正 始発20分繰り下げ 終電30分繰り上げ

箱根登山鉄道は2022年3月12日(土)にダイヤ改正を実施し、始発列車・終電の時刻や終日の運転本数について見直しを行います。

箱根登山線小田原駅〜箱根湯本駅間などで運行している小田急1000形電車(ハダシスト/写真AC)
箱根登山線小田原駅〜箱根湯本駅間などで運行している小田急1000形電車(ハダシスト/写真AC)

鉄道事業を取り巻く環境の変化や利用者数の減少を踏まえたもので、鉄道メンテナンス体制の持続性を高めることを目的にダイヤ改正を行うと説明しています。

小田原駅〜箱根湯本駅間では上下線とも始発列車の時刻が20分程度繰り下げられます。併せて最終列車は30分程度繰り上げられ、小田原駅・強羅駅ともに22時台の出発となります(運転時刻は下表を参照)。朝・昼間・夕方時間帯の運転本数も見直され、現行ダイヤで1時間あたり4本の列車が運転している時間帯は3本に減少します。

また、小田急電鉄のダイヤ改正により小田原駅〜箱根湯本駅間を運転する特急ロマンスカーの本数が見直され、1日あたりの運転本数は平日14本・土休日13本の減便となります。

【時刻表で解説】箱根登山鉄道 2022年3月12日(土)ダイヤ改正

箱根登山電車の箱根湯本駅〜強羅駅間、箱根登山ケーブルカー(強羅駅〜早雲山駅間)については始発・最終列車の変更はありません。いずれも一部列車の時刻が変更されるほか、箱根湯本駅〜強羅駅間では朝(7〜8時台)および夕方(17〜18時台)の運転本数が削減されます(時刻表は上表を参照)。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉