「御開帳」期間は善光寺下駅に特急臨時停車 「7年に1度」特急券の窓口発売も 長野電鉄

長野電鉄は、「善光寺御開帳」に合わせて最寄りの善光寺下駅に昼間時間帯の特急列車を臨時停車させます。

長野電鉄2100系電車「スノーモンキー」(りっくん_/写真AC)
長野電鉄2100系電車「スノーモンキー」(りっくん_/写真AC)

期間は2022年4月2日(土)〜6月30日(木)の毎日で、長野駅〜湯田中駅間を運転する「A特急列車」上下各6本が臨時停車します。そのほか、観光案内列車「特急ゆけむり〜のんびり号〜」についても同期間中の運転日は善光寺下駅に停車します(運転時刻は下表を参照)。

善光寺下駅窓口では臨時停車に合わせ、昔ながらの「硬券」による特急券(大人100円・小児50円)が発売されます。普段は特急列車が止まらない善光寺下駅で特急券を購入できるのは7年に1度の御開帳期間のみで、大変貴重な機会であるとのことです。同駅の窓口営業時間は7:00〜21:00ですが、昼間に営業を休止する時間帯があり、その場合は車内で特急券を購入するよう案内されます。なお、同駅では特急券のほか、入場券や一部区間の乗車券も硬券により発売されます。

A特急列車の一部車両は指定席となっており、善光寺下駅を発着する特急列車の座席指定券・個室指定券は長野電鉄の「特急列車予約」専用ページで乗車日の31日前から発売されます。善光寺下駅での指定券の発売はありません。

【時刻表で解説】長野電鉄 「善光寺御開帳」期間 特急列車を善光寺下駅に臨時停車

2022年の善光寺御開帳は、新型コロナウイルス感染拡大リスクを低減する目的で通例より期間が1か月延長され、4月3日(日)〜6月29日(水)の開催となります。4月2日(土)には秘仏である前立本尊像(まえだちほんぞんぞう)が7年ぶりに姿を表す「遷座式」が執り行われるほか、期間中はさまざまな行事や儀式が営まれます。善光寺下駅から善光寺までは東参道を通って徒歩約10分です。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉