新快速の減便受け時刻変更 近江鉄道ダイヤ改正 草津線との接続改善 最終列車は繰り上げ

近江鉄道は2022年3月12日(土)にダイヤ改正を実施し、昼間時間帯の運転時刻変更や最終列車の繰り上げを行います。

近江鉄道800系電車(一点/写真AC)
近江鉄道800系電車(一点/写真AC)

同日に実施されるJR西日本のダイヤ改正では琵琶湖線の運転体系が見直され、昼間時間帯において新快速電車の運転本数が減少する区間が発生します。接続を受ける列車が変更となることに伴い、近江鉄道線では彦根駅を9〜14時台に発車する下り貴生川駅方面行列車の発車時刻が平日・土休日ともに変更となります(運転時刻は下表を参照)。

この時刻変更に伴い一部の下り列車については、貴生川駅でのJR草津線および信楽高原鐵道線への乗り換え待ち時間が短縮されます(詳細は下表を参照)。

【時刻表で解説】近江鉄道 2022年3月12日(土)ダイヤ改正

一方で、接続列車の時刻変更や昨今の利用状況が考慮され、最終列車の時刻が繰り上がる区間があります(運転時刻は上表を参照)。平日ダイヤの最終列車は、近江八幡駅発の上り八日市駅行は現行ダイヤの23:45発から23:30発へと15分繰り上げ、彦根駅発の上り多賀大社前駅行は23:13発から22:57発へと16分繰り上がります。

最も繰り上げ幅が大きいのは平日ダイヤ彦根駅発の下り米原駅行列車で、現行の23:13発から改正後は22:37発となり、36分の繰り上げとなります。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉