復旧進む東北新幹線 不通は郡山〜一ノ関間に縮小 全線運転再開は4月20日前後 JR東日本

JR東日本は、地震の影響で運転を見合わせていた東北新幹線の那須塩原駅〜郡山駅間および仙台駅〜一ノ関駅間について、2022年3月22日(火)から運転を再開します。

東北新幹線E5系(時の記録者/写真AC)
東北新幹線E5系(時の記録者/写真AC)

2022年3月16日(水)に発生した福島県沖を震源とする地震により、東北新幹線は線路設備等に大きな被害が発生しました。3月21日(月・祝)をもって点検作業はおおむね終了し、電柱被害や架線金具等の損傷、レールの変形・損傷など全体で約1,000箇所の被害が発生しているとのことです。

運転を見合わせている那須塩原駅〜盛岡駅間のうち、那須塩原駅〜郡山駅間および一ノ関駅〜盛岡駅間について2022年3月12日(土)始発から臨時ダイヤでの運転が再開されます。郡山駅〜一ノ関間は引き続き運転が見合わされますが、このうち郡山駅〜福島駅間は4月2日(土)頃、仙台駅〜一ノ関駅間は4月4日(月)頃の運転再開を計画しているとのことです。全線での運転再開は4月20日(水)前後と見込まれていますが、余震や復旧作業の状況により前後する可能性があるとしています。

【路線図で解説】JR東日本 福島県沖地震の影響による東北新幹線等の運行状況

並行する在来線の東北本線では、新幹線の不通区間に合わせて臨時快速列車が設定されます。2022年3月22日(火)以降は郡山駅〜仙台駅間および仙台駅〜一ノ関駅間で運転の予定ですが、新たな設備の損傷が見つかった福島駅〜藤田駅間で終日運転が見合わされる影響により、郡山駅〜仙台駅間の臨時快速は全区間で運転取り止めとなります。このため、郡山駅〜仙台駅間は東北本線・山形新幹線(奥羽本線)・仙山線を経由する迂回経路を利用せざるを得ない状況です。

(2022年3月22日) 運転を見合わせていた東北本線の福島駅〜藤田駅間は2022年3月22日(火)お昼頃に運転を再開し、郡山駅〜仙台駅間で臨時快速列車の運転が行われています。

また、常磐線は運転が見合わされていた富岡駅〜新地駅間のうち、復旧作業が進んだ富岡駅〜原ノ町駅間については2022年3月22日(火)から運転再開となります。原ノ町駅〜新地駅間については、復旧作業が順調に進めば3月24日(木)から運転が再開される予定です。

そのほか、羽越本線では上下各1本の特急「いなほ」が臨時快速列車として酒田駅〜秋田駅間で延長運転することにより、上越新幹線経由による秋田駅方面との代替輸送が確保されます。また、航空会社やバス会社と連携し、羽田空港〜仙台空港線をはじめとする東北各空港との臨時便の運航や機材の大型化、高速バスの増便などが実施されています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉