電車とフェリー「Visaのタッチ決済」で乗継割引 なんば〜徳島港2200円 南海が実証実験

南海電気鉄道と南海フェリー(和歌山市)は、「Visaのタッチ決済」を用いて和歌山港〜徳島港間のフェリーに乗船できる実証実験を2022年3月25日(金)から開始しました。

南海フェリー「フェリーあい」(画像提供: ビザ・ワールドワイド・ジャパン)
南海フェリー「フェリーあい」(画像提供: ビザ・ワールドワイド・ジャパン)

両港のフェリー乗船口に専用の読み取り端末機が設置され、乗船時にクレジットカード等をタッチすることにより航路運賃がその場で決済されます。事前に乗船券を購入する必要はなく、非接触・キャッシュレスでフェリーを利用することができます。船舶航路でVisaのタッチ決済が使えるのは日本初となります。

実証実験には三井住友カード(東京都江東区)、QUADRAC(東京都港区)およびビザ・ワールドワイド・ジャパン(東京都千代田区)が参画しています。また、徳島県の「公共交通スマート利用応援事業補助金」対象に採択されています。

これに加えて、南海電鉄の和歌山港駅にVisaのタッチ決済の専用改札機が新設されます。南海電鉄では先行実施中の実証実験により主要駅にタッチ決済対応改札機が設置されており、電車とフェリーをシームレスに乗り継げる環境が整備されます(路線図は下図を参照)。

また、タッチ決済を使ってこの乗り継ぎ利用をした場合、おトクなきっぷ「好きっぷ」を事前購入することなく、同様の割引が自動適用されます。サービス名は「スマート好きっぷ」で、南海電鉄の対応各駅(専用改札機新設の中百舌鳥駅を含む)から和歌山港駅を経て、徳島港までの利用(逆方向も可)が対象です。割引後のおねだんは電車の乗車区間にかかわらず、フェリー単体の旅客運賃と同額の2,200円になります。

【路線図で解説】南海電鉄・南海フェリー 「Visaのタッチ決済」を用いた鉄道・船舶乗り継ぎ実証実験

実証実験は2022年12月11日(日)まで実施予定です。Visaのタッチ決済は海外で普及しており、アフターコロナを見据えた実証実験により利便性の検証や、環境整備における課題の抽出が行われます。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉