「普通運賃より安い!?」お買い物デジタルきっぷ りんくうアウトレット1000円券付 南海

南海電気鉄道は、QRコードを活用したおトクなデジタルきっぷ「りんくうプレミアム・アウトレット デジタルきっぷ」を期間限定で発売します。

りんくうプレミアム・アウトレット内に期間限定で設置されるフォトスポット(画像提供: 三菱地所・サイモン)
りんくうプレミアム・アウトレット内に期間限定で設置されるフォトスポット(画像提供: 三菱地所・サイモン)

おトク過ぎて“逆転現象”も

出発駅からりんくうタウン駅までの往復乗車券と、「りんくうプレミアム・アウトレット」(大阪府泉佐野市)で利用できる1,000円分のお買い物券、さらにアウトレット内の一部飲食店でのおトクな特典クーポンがセットになっています。QRコードをかざしての入出場が可能な専用改札機が設置されている22駅(泉北高速鉄道の各駅を除く、一部の駅は設置準備中)を対象として発売されます。利用期間は2022年6月1日(水)〜8月31日(水)で、スマートフォンの「南海アプリ」から利用日の前日までに購入する必要があります。

現在実施されている「QRコードを利用した乗車券」の実証実験に多くの方に参加してもらう目的で、駅窓口で通年で発売中の「りんくうプレミアム・アウトレットきっぷ」よりもさらにおトクな設定となっています。難波駅からの発売額は、窓口発売のアウトレットきっぷ(2,040円)よりおトクな1,740円(大人用のみ)で、往復運賃とお買い物券の合計額(2,560円)と比べると約3割引きとなります。

また、特筆すべきは高野線の林間田園都市駅〜高野山駅間の対象駅から利用の場合で、通常の電車往復運賃よりも安価な上にお買い物券が付く、言わば“逆転現象”が起こっている点に注目です(各駅からのおねだんと路線図は下図を参照)。

【路線図で解説】南海 「りんくうプレミアム・アウトレット デジタルきっぷ」 期間限定発売

なお、南海電鉄はQRコードによる入出場サービスをこれまで「南海デジタルチケット」の名称で展開していましたが、より親しみを持ってもらえるよう「南海デジタルきっぷ」へと名称を変更したとのことです。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉