夏休みの「のぞみ」はパウ・パトロールと一緒 東海道新幹線「お子さま連れ専用車両」

JR東海は夏休み期間の計23日間、東海道新幹線「のぞみ」の一部列車において、周囲に気兼ねなく乗車できる「お子さま連れ専用車両」を設定します。

親子で東海道新幹線に乗車(イメージ)(セレファ/写真AC)
親子で東海道新幹線に乗車(イメージ)(セレファ/写真AC)

1両まるごと子ども連れで安心

東京駅〜新大阪駅間で1日あたり片道1〜2本、合計69本の「のぞみ」が対象で、指定席の6号車が子ども連れの方のみ利用できる専用車両になります。実施日は2022年7月16日(土)〜31日(日)の土日祝日と、8月6日(土)〜21日(日)の毎日です。

「お子さま連れ専用車両」はジェイアール東海ツアーズ(本社:東京都中央区)の旅行商品として、6月24日(金)から発売されます(設定列車の時刻表、設定区間と旅行代金は下の図表を参照)。大人1名以上と小学生以下の小児1名以上での申し込みが必要です。座席を使用しない6歳未満の乳幼児は無料ですが、座席を希望する場合は小児代金が必要となります。購入者お一人につき1枚「1ドリンク引換券」が付いており、東海道新幹線の駅売店や車内販売でお好きなドリンク等と引き換えることができます。

【時刻表で解説】JR東海 夏休み期間に東海道新幹線「お子さま連れ専用車両」を設定

今シーズンは人気アニメ「パウ・パトロール」とのタイアップにより、購入者にオリジナルグッズのプレゼントが用意されています。新幹線車内でのお楽しみコンテンツとして、「パウ・パトロール」ダイジェスト版の限定動画も見ることができます。さらに、JR東海公式の「親子旅」Twitterアカウントでは、「パウ・パトロール」グッズを抽選でプレゼントするキャンペーンも開催される予定です。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉