夏休みは山陽新幹線も北陸も「お子様1000円」 大阪〜南紀・北近畿・山陰方面に初設定

JR西日本は夏の旅行シーズンに合わせ、大人と子どものセットでおトクな「夏休み『お子様1000円!』ファミリーきっぷ」を期間・席数限定で発売します。

山陽新幹線N700系(こうたろう0125/写真AC)
山陽新幹線N700系(こうたろう0125/写真AC)

区間問わず子ども一律1000円

新幹線・在来線特急列車の普通車指定席が利用できる片道タイプの割引きっぷで、子どものおねだんは一律1,000円、同行する大人も通常のきっぷよリ割安な設定となっています。2021年度の冬休み、2022年度のゴールデンウィークに続く3回目の発売で、子ども連れでの夏休みの旅行や帰省に最適です。

山陽新幹線は「大阪市内〜広島駅間」「岡山駅〜小倉駅間」など全9区間、北陸方面は「大阪市内〜金沢間」など全3区間に設定されています。また、今回初めて南紀・北近畿・山陰方面も対象となり、「大阪市内〜白浜駅間」「大阪市内〜城崎温泉駅間」「大阪市内〜出雲市駅間(「やくも」利用)」の各区間が設定に加わります。

例えば、山陽新幹線の「大阪市内〜博多駅間」の発売額は大人14,820円・小児1,000円です。大人2名・小児2名で利用した場合は合計31,640円となり、通常きっぷ(46,780円)より15,140円おトクになる計算です(設定区間とおねだん、おトク額は下の図表を参照)。

【図表で解説】JR西日本 「夏休み『お子様1000円!』ファミリーきっぷ」発売

2022年8月1日(木)〜31日(水)の乗車分が対象で、JR西日本ネット予約「e5489」で利用日の3日前までに予約・購入する必要があります。駅のみどりの窓口や券売機での発売は行われません。大人用のみ、または小児用のみの購入はできず、大人・小児が同一行程で旅行する場合のみ発売されます。また、予約した列車の指定席に限り利用でき、予約後の変更はできないことに注意が必要です。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉