関西〜長崎の割引きっぷ 西九州新幹線経由に 「スーパー早特きっぷ」で“かもめ”初乗車

JR西日本とJR九州は、大阪・神戸〜長崎間に設定している「スーパー早特きっぷ」「eきっぷ」について、西九州新幹線を利用できるようリニューアルします。

西九州新幹線「かもめ」として運行するJR九州N700S車両(画像提供: JR九州)
西九州新幹線「かもめ」として運行するJR九州N700S車両(画像提供: JR九州)

大阪・神戸からも 長崎からも

現在は山陽(九州)新幹線と在来線の長崎本線を乗り継ぐ経路で設定されていますが、2022年9月23日(金・祝)の開業日からは、武雄温泉駅で乗り継いで西九州新幹線「かもめ」に乗車する経路へと設定変更されます。JR西日本・JR九州が共同で発売しており、関西から長崎方面、長崎から関西方面の双方向のお出かけに活用することができます。

「スーパー早特きっぷ」は乗車券と特急券がセットになった本州・九州間の割引きっぷで、乗車日の14日前までに購入することを条件におトクな価格設定となっています。新たに西九州新幹線経由となる「大阪市内・神戸市内〜浦上駅・長崎駅間」の発売額は15,850円に改定(現行14,800円)されますが、通常きっぷと比べると4,040円〜5,060円割安です(「のぞみ」「みずほ」利用の場合)。なお、新幹線と在来線の乗り継ぎ駅は博多駅、新鳥栖駅から選べ、ともに同額です。

「eきっぷ」は、JR西日本の「J-WESTカード」またはJR九州の「JQ CARD」会員のみが購入できる割引特急券で、乗車券と組み合わせて利用します。発車当日まで購入でき、受け取り前なら何度でも変更ができる使い勝手の良さが特徴です。「新大阪駅・新神戸駅〜長崎駅間」は西九州新幹線利用に改められ、発売額は博多駅乗継の場合は7,570円(現行7,110円)、新鳥栖駅乗継の場合は8,260円(現行7,580円)となります。いずれも通常の特急券と比較すると1,430円おトクです(「のぞみ」「みずほ」利用の場合、各区間の発売額など詳細は下の図表を参照)。

【図表で解説】JR西日本・JR九州 西九州新幹線開業に伴いおトクなきっぷの設定見直し

インターネット予約限定

「スーパー早特きっぷ」「eきっぷ」ともインターネット限定商品で、JR西日本ネット予約「e5489」および「JR九州インターネット列車予約」でのみ発売されます。西九州新幹線を経由するきっぷの予約は、開業日9月23日(金・祝)の1か月前にあたる8月23日(火)午前10時からの開始です。

なお、現行の長崎駅発着分のきっぷについては、9月22日(木)乗車分まで予約することができます。発売終了日は「スーパー早特きっぷ」が14日前の9月8日(木)、「eきっぷ」は当日9月22日(木)となります。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉