これが最後!? 3日間乗り放題「JR東日本パス」 鉄道開業150年記念で再発売 新幹線もOK

JR東日本は、新幹線・在来線の全線が連続する3日間乗り放題となるおトクなきっぷ「鉄道開業150年記念ファイナル JR東日本パス」を期間限定で発売します。

上越新幹線・北陸新幹線で運行しているJR東日本E7系(時の記録者/写真AC)
上越新幹線・北陸新幹線で運行しているJR東日本E7系(時の記録者/写真AC)

記念の年の締めくくり

前回発売された2022年10月利用分に続き、鉄道開業150年という記念の年を最後に締めくくる企画して再び発売されます。フリーエリア内の新幹線を含む特急列車、普通列車の普通車自由席が3日間乗り降り自由です。また、あらかじめ予約をすると、普通車指定席を4回まで利用できます。

フリーエリアにはJR東日本全線のほか、青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道、三陸鉄道、北越急行、富士急行、伊豆急行の全線およびえちごトキめき鉄道の直江津駅〜新井駅間が含まれます。JR東日本が運行するBRT(バス高速輸送システム)も利用できます。

利用できる期間は、2023年3月2日(木)〜15日(水)の2週間のみです。発売期間は2023年2月2日(木)〜3月10日(金)で、利用開始日の1か月前から利用日3日前までの発売となります。おねだんは大人22,150円・小児10,150円で、インターネット予約サービス「えきねっと」限定で発売されます(フリーエリアの路線図など詳細は下の図表を参照)。

【路線図で解説】JR東日本 「鉄道開業150年記念ファイナル JR東日本パス」発売

ARスタンプを集めて賞品ゲット

今回、「 JR東日本パス」での鉄道旅とともに楽しめる新たな購入者特典として、AR(拡張現実)を活用したスタンプ巡りイベントが開催されます。スタンプに相当するARコンテンツは、上野駅、新潟駅、新青森駅などJR東日本の主要12駅のほか、同社がWebで展開しているバーチャル空間「Virtual AKIBA World」にある“シン・秋葉原駅”にも設置されます。

【湯沢高原スキー場】日本屈指の米どころ新潟県。湯沢高原はその玄関口となる越後湯沢駅前の温泉街から、世界最大級のロープウェイで標高1,000mまで気軽にアクセスできます。(提供:KKday)

スタンプ画像を集めて応募すると、獲得数に応じて共通ポイント「JRE POINT」が抽選でプレゼントされます。さらに、最も多くのスタンプを集めた方はJRE POINTに加えて、同社公式のパソコン向けゲーム「JR東日本トレインシミュレータ基本パック」をもらえる権利も得られます。

また、前回発売時と同様、コンビニ「NewDays」でのお買い物10%割引をはじめとする駅ナカ施設での提示特典や、駅レンタカーの割引特典も用意されます。パスや特典についての詳細情報は2023年1月下旬以降、JR東日本の「鉄道開業150年スペシャルサイト」で案内するとのことです。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉