新型特急「スペーシア X」 週末は4往復運転 詳細ダイヤ決定 特急券は1か月前発売 東武

東武鉄道は、2023年7月15日(土)に日光・鬼怒川方面でデビューする新型特急「スペーシア X(エックス)」について、運転日や運転時刻などの詳細を決定しました。

特急スペーシア Xで2023年7月15日に運行を開始する東武N100系電車(画像提供:東武鉄道)
特急スペーシア Xで2023年7月15日に運行を開始する東武N100系電車(画像提供:東武鉄道)

日光・鬼怒川へ7月15日デビュー

スペーシア XのN100系車両は、現行の「スペーシア」100系の流線形フォルムを受け継ぎつつ、高貴でスタイリッシュなデザインへとアップデートしています。ボディカラーの輝きを持った白は、日光東照宮陽明門に塗られた「胡粉(ごふん)」の色調が発想の原点になっています。斜めに切り落とされた特徴的な形の窓枠は、栃木県鹿沼市の伝統工芸である組子に用いられる幾何学模様を意匠化したものです。

6両編成の車内には、旅行スタイルに合わせて選べる多彩なシートバリエーションが用意されます。現行スペーシアの個室は上質さを増して継承され、前方展望が楽しめる最上級の個室「コックピットスイート」も新たに加わります。カフェカウンターも設置され、ここだけのカフェメニューやクラフトビールを楽しみながらの移動体験ができます。

今回、スペーシア Xの詳細ダイヤが発表され、1日あたり浅草駅〜東武日光駅間に3往復、浅草駅〜鬼怒川温泉駅間に1往復の計4往復の特急列車に充当されることが決まりました。いずれの列車も観光に便利な時間帯となっています。

このうち、東武日光駅発着の2往復については木・金・土休日のみスペーシア Xでの運行で、その他の曜日には100系スペーシア車両による同時刻の特急が設定されます(運転時刻、特急料金など詳細は下の図表を参照)。

【時刻表で解説】東武 新型特急「スペーシア X」の運行詳細を決定

現行のスペーシアに+290円

スペーシア Xの特急券は、乗車日の1か月前の9:00からインターネットや東武線の駅、東武トップツアーズなどの旅行会社で発売されます。初日運行分の特急券は2023年6月15日(木)9:00に発売開始となります。

【東京メトロ・東京都交通局】東京スカイツリー展望台 入場チケット・すみだ水族館・地下鉄チケットエンジョイパック|即予約確定
KKdayでお得な割引料金でチケットをご用意!事前に購入して、当日は専用カウンターにて引換てスムーズに入場しましょう!日中の風景と夜景が両方楽しめる日没前の入場がおすすめです。
東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」/東京メトロ半蔵門線、京急線、都営浅草線「押上(スカイツリー前)駅」下車すぐ
チケットを購入 (提供:KKday)

例として、浅草駅〜東武日光駅間で特急スペーシア Xを利用した場合の運賃と特急料金の合計額は、スタンダードシートは3,340円(うち特急料金1,940円)、プレミアムシートなら3,920円(同2,520円)です。現行の特急スペーシアまたはリバティを利用した場合の合計額は3,050円(うち特急料金1,650円=2023年3月18日(土)改定)で、290円以上の割り増しとなります。

また、「コックピットスイート」「コンパートメント」「ボックスシート」「コックピットラウンジ」の4種の座席には、区間を問わず一律の特別座席料金が設定されます。これらを利用する際は運賃と特別座席料金のほか、利用人数分のスタンダードシート特急料金が別途必要になります。

一例を挙げると、下り列車で先頭最前列からの前面展望が楽しめるコックピットラウンジ(1人用)の場合、特別座席料金は200円と比較的お手頃な設定です。一方、最大7名が利用できるコックピットスイートの特別座席料金は1室12,180円です。

また、最大4名のコンパートメントは特別座席料金が1室6,040円で、従来スペーシアの個室料金(3,770円=2023年3月18日(土)改定)から大幅値上げとなります。スペーシア Xのコンパートメントは、コの字形のソファー、ワイドな折りたたみ式テーブルなどの新採用で居住性が高められているとのことです。価格差に見合った空間であると認められるかどうか、運行開始以降、利用者の評価にも注目したいです。