新快速の指定席「Aシート」車両新造で本数3倍 ダイヤ改正 京都から大阪駅へ特急大幅増

JR西日本は2023年3月18日(土)にダイヤ改正を実施し、新たに開業する大阪駅(うめきたエリア)に京滋方面の特急列車が乗り入れるほか、有料座席サービス「Aシート」を連結する新快速電車の本数を拡大します。

有料座席サービス新快速「Aシート」専用車両を連結したJR西日本223系電車(かえるトラベル/写真AC)
有料座席サービス新快速「Aシート」専用車両を連結したJR西日本223系電車(かえるトラベル/写真AC)

京都・滋賀から「うめきた」地下ホームへ直結

大阪駅付近のうめきたエリアでは、新大阪駅と大阪環状線を直結する東海道支線の地下化・移設工事が行われ、2023年2月13日(月)から新しい線路に切り替わりました。特急「はるか」「くろしお」はすでに新ルートを走行していますが、大阪駅の新しい地下ホームはダイヤ改正日の3月18日(土)に開業し、同日から全列車が停車するようになります。

この開業により、大阪駅から関西空港・和歌山方面への所要時間が短縮するだけでなく、京都・滋賀方面でも、大阪駅に停車する特急列車の選択肢が増え、通勤などの利便性が向上します。

平日の朝通勤時間帯で見ると、7〜9時台に大阪駅に到着する草津駅・京都駅方面からの特急列車は、現行ダイヤでは「サンダーバード」「びわこエクスプレス」「スーパーはくと」の計6本です。改正後はこれらに「はるか」5本が新たに加わり、地上・地下ホーム合わせて11本の特急が大阪駅に停車するようになります(特急「はるか」、新快速「Aシート」の運転時刻など詳細は下の図表を参照)。

【時刻表で解説】JR西日本 2023年3月18日(土)ダイヤ改正 京阪神エリア

新快速「Aシート」は姫路方面からの通勤に便利

着席サービスでは、琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線で実施されている新快速の指定席サービス「Aシート」も拡充されます。運転本数は平日・土休日ダイヤとも、現行の2往復から6往復に増えます。

【兵庫】岩塩 和らかの湯 クーポン
ヒマラヤ岩塩を溶かし込んだ岩塩風呂をメインとする日帰り入浴施設です。露天風呂やサウナはもちろん、コミックコーナーといったお風呂上りにうれしい施設も完備。
JR神戸線「立花駅」より徒歩約18分
この旅の体験を予約
(提供:アソビュー!)

特に、姫路方面からの通勤利用を見据えたダイヤが組まれており、平日は朝に3本が大阪駅に到着、夕方〜夜に3本が大阪駅を発車します。特急「らくラクはりま」などと合わせると、朝夕ともおおむね30分に1本の間隔で着席サービスを利用できるようになります。

Aシートが設定される新快速は9号車が指定席となっており、テーブル付きリクライニングシートには全席にコンセントが設置されています。2019年3月のサービス開始時から運用している223系の改造車両に加え、新たに製造された225系ベースのAシート車両が投入され、今回の増発に備えられます。

大阪駅うめきた新ホームの特急停車ならびに、新快速Aシートの増発で充実する着席サービスを訴求するため、JR西日本は「すわっていこかキャンペーン」を開催します。

近畿圏の特急列車には、平日限定で価格を全区間一律390円とした指定席特急券「J-WESTチケットレス390」が設定されます(通常価格は450〜1,310円)。また、Aシートには曜日を問わず、一律390円の特別価格とした「新快速[Aシート]チケットレス指定席券」が発売されます(通常450〜600円)。いずれも2023年3月18日(土)〜4月28日(金)の期間限定で、座って通勤できる快適性を割引価格で試してもらいながら、今後の利用定着を狙います。

なお、ダイヤ改正では列車の見直しも行われ、琵琶湖線では早朝時間帯に草津駅発・京都駅行の普通列車1本が運転取り止めとなります。草津線では、柘植駅〜貴生川駅間で1日2往復の運転が取り止められ、これに伴う始発列車の繰り下げ、最終列車の繰り上げも発生します。