「QRコード」で特急チケットレス実現 JR九州 ネット予約→改札にスマホかざして乗車

JR九州は、インターネット予約で購入できる割引きっぷの新たな利用方法として、QRコードを活用してスマートフォンだけで乗車できるチケットレスサービスを2024年度から導入します。

博多駅発着の特急「かささぎ」「みどり」「ソニック」などで運行しているJR九州885系電車(ninochan555/写真AC)
博多駅発着の特急「かささぎ」「みどり」「ソニック」などで運行しているJR九州885系電車(ninochan555/写真AC)

「割引きっぷ」が受取不要でスピーディに

「JR九州インターネット列車予約サービス」では、九州内の在来線特急列車や西九州新幹線の主な区間を対象にネット限定の特別企画商品が発売されています。乗車券も含まれ一般のきっぷよりおトクな価格設定となっていますが、乗車前に「みどりの窓口」や指定席券売機できっぷを受け取る必要があり、特に繁忙期などは発券までに時間がかかりスムーズに利用できない課題がありました。

これを解決する新サービスとしてJR九州は、特急停車駅などの改札機にQRリーダーを整備します。対象となる企画商品を予約し「QR乗車」を選択すると、スマートフォンのアプリなどにQRチケットが発行されます。このQRチケットをかざして改札を通過することで、事前のきっぷ受け取りが不要となり、チケットレスで特急や新幹線に乗車できる仕組みです。

九州新幹線などでは「SUGOCA」などの交通系ICカードで改札を入出場できるチケットレス乗車サービスがすでに展開されています。在来線特急では、JR東日本やJR西日本がネット予約と連携して特急券部分に限定したチケットレスサービスを行っていますが、JR九州は改札をそのまま通過できるQRコードという新たな切り口でチケットレス化を進めます。

(「JR九州インターネット列車予約」で開始するQRコードによるチケットレスサービスなど詳細は下の図表を参照)

【路線図で解説】「JR九州インターネット列車予約」で開始するQRコードによるチケットレスサービス

「リレーかもめ」〜西九州新幹線もQRで乗車OK

「ネット予約でQRチケレス」に対応するのは、ネット予約サービスで取り扱う九州内完結のネット限定きっぷで、具体的には「九州ネットきっぷ」「九州ネット早特3・7」「かもめネットきっぷ」などの商品名です。列車と施設入場券などとのセット商品については、事前に引換券の受け取りが必要となるため対象外となります。

2024年秋のサービス開始当初は、博多駅を発着する「ソニック」「きらめき」「リレーかもめ」「みどり」「ゆふいんの森」などの主要な特急列車と西九州新幹線「かもめ」が運行する区間が対象です。「リレーかもめ」と「かもめ」などの列車を乗り継ぐ商品も対象ですが、「かいおう」を利用する商品は対象外となります。

JR九州によるとサービス対象列車やきっぷの種類は2025年度以降に拡大する予定とのことで、当初はサービス範囲に含まれない九州南部エリアなどにも設定が広がる可能性があります。また、具体的な利用方法や開始日などの詳細は決まり次第、告知するとしています。

宿・ホテル予約なら「じゃらんnet」
国内24000軒の宿をネットで予約OK!最大10%ポイント還元!
ホテルを探す (提供:じゃらんnet)