【運行情報】JR東日本が東北・新潟で30日は計画運休 大雪・強風の見込み

この記事は過去の情報が基準となっているため、内容が古くなっている可能性があります。

2021年1月30日(土)は発達した低気圧の影響による強風や大雪が見込まれているため、JR東日本は東北・新潟エリアの広い範囲で計画運休を実施します。

五能線・奥羽本線で運行されている快速「リゾートしらかみ」
五能線・奥羽本線で運行されている快速「リゾートしらかみ」

白新線・羽越本線の特急列車「いなほ」は、強風が見込まれるため上り「いなほ2・4号」が酒田駅〜新潟駅間の全区間で運休となります。また、下り「いなほ1・5・7号」および「いなほ8・10・14号」については、酒田駅〜秋田駅間で区間運休となります。

また、30日(土)に運転が予定されている臨時快速「海里」は、新潟駅〜酒田駅間の全区間で運休となります。

東北エリアでは、五能線が能代駅〜弘前駅間で強風や大雨が見込まれるため、始発から終日運転見合わせとなります。快速「リゾートしらかみ1・5・2・4号」は全区間で運休となります。

羽越本線の酒田駅〜秋田間および男鹿線が30日(土)始発から運転を見合わせ、運転再開は夕方以降となる見込みです。花輪線は松尾八幡平駅〜大館駅間で始発から13時頃まで運転見合わせとなります。また、奥羽本線は秋田駅〜東能代駅間および弘前駅〜青森駅間で一部の列車が運休となります。

釜石線は遠野駅〜釜石駅間で始発から12時頃まで運転が見合わされます。快速「はまゆり1・4号」は遠野駅〜釜石駅間、「はまゆり3・2号」は全区間で運休となります。

常磐線は、強風が見込まれるため30日(土)8時頃〜12時頃までいわき駅〜浪江駅間で運転見合わせとなります。常磐線(原ノ町駅〜仙台駅間)および東北本線(福島駅〜一ノ関駅間)は、9時頃〜15時頃まで列車本数を減らしての運転となります。

福島県と新潟県を結ぶ只見線は、大雪が見込まれるため会津坂下駅〜会津川口駅間、只見駅〜大白川駅間および会津川口駅〜只見駅間の代行バスがいずれも30日(土)は終日運転見合わせとなります。大白川駅〜小出駅間については、始発から午前中の運転見合わせが決定しています。

新潟エリアでは、上越線(水上駅〜浦佐駅間)および米坂線(今泉駅〜坂町駅間)で始発から9時頃まで運転が見合わされます。

 

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉