東北・上越新幹線利用 即日配達の荷物輸送サービス 取り扱い列車本数2倍に JR東日本系

JR東日本グループのジェイアール東日本物流は、新幹線を利用した新しい荷物輸送サービスの取り扱いを2021年10月1日(金)から開始します。

東北新幹線・上越新幹線で運行しているE2系(kiss x7/写真AC)
東北新幹線・上越新幹線で運行しているE2系(kiss x7/写真AC)

新幹線の速達性と定時性を活用し、荷物1個からどなたでも利用できる即日配達の荷物輸送サービスです。利用可能な区間は東北新幹線の東京駅〜仙台駅間(運行時間最短1時間49分)および、上越新幹線の東京駅〜新潟駅間(同1時間38分)で、出発駅では列車発車時刻の30分前まで発送を受け付けます(一部の列車を除く)。

取り扱いを行う1日あたりの列車本数は東北新幹線が上下各12本、上越新幹線は下り12本・上り11本です(対象列車の時刻表は下表を参照)。9月30日(木)をもって終了する荷物輸送サービス「新幹線レールゴー・サービス」と比べ、利用可能な列車本数は約2倍に拡大されます。おねだんは荷物1個あたりサイズにより1,010円〜4,450円です。東京駅と仙台駅では別料金により集配サービスも利用することができます(対象列車、荷物サイズ、エリアには制限があります)。

発送・受け取りを取り扱う「お荷物サービスカウンター」は東京駅(八重洲南口改札外)、仙台駅(西口1階)および新潟駅(西口改札外)に設置されています。東京駅では、グランスタ東京地下北口改札内にある「BAGGAGE STORAGE +」でも発送のみ受け付けています。

【時刻表で解説】ジェイアール東日本物流 新幹線を活用した即日荷物輸送サービス

ジェイアール東日本物流は、事前の打ち合わせなしで利用できる「新幹線レールゴー・サービス」の手軽さを受け継ぎ、「すぐに荷物を運んでほしい」という利用者のニーズに一層応えていきたいと話しています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉