西鉄のサブスク型クーポン「ちょいよか」開始 年内無料 傘や充電器などおトクにシェア

西日本鉄道(西鉄)は、2021年10月8日(金)から月額制サブスクリプション型サービス「ちょいよか」の提供を開始します。

ソラリアステージビルの西鉄福岡(天神)駅入口(nishiyuki/写真AC)
ソラリアステージビルの西鉄福岡(天神)駅入口(nishiyuki/写真AC)

西鉄バスや西鉄電車を利用している方向けに、各社との連携により提供されるおトクなクーポンサービスで、コンセプトは「移動を楽しく、地球にやさしく」です。日常のちょっとした不便を解消することにより外出機会をつくり出すとともに、シェアリングサービスの推進で環境負荷の低減につなげ、ちょっとした幸せ(ちょいよか)を体感してもらえるサービスにするとのことです。

「ちょいよか」はサービス開始から12月31日(金)までの約3か月間、お試し期間として無料で提供されます。2022年1月以降は通常の月額料金として交通系ICカード「nimoca」をお持ちの方は500円、それ以外の方は800円がかかります。利用料金はクレジットカードによる決済となります。

利用を開始するには「ちょいよか」のLINE公式アカウントを友だち登録し、メールアドレスやnimocaのID番号などを登録します。クーポンコードやチケットは毎月発行され、提携サービスのアプリ内でクーポンコードを入力するか、店頭でチケットを提示することにより特典を利用することができます(詳細は下図を参照)。

【図表で解説】西鉄 月額制サブスクリプション型サービス「ちょいよか」

「ちょいよか」のクーポンを利用すると、傘シェアリングサービス「アイカサ」(Nature Innovation Group: 東京都渋谷区)が使い放題となります。西鉄施設内では西鉄福岡(天神)駅・太宰府駅など30か所で傘の貸出・返却が可能です。

スマートフォン充電器シェアリングサービス「チャージスポット」(INFORICH: 東京都渋谷区)は、1回48時間分の貸出が月3回まで無料になります。天神高速バスターミナル・薬院駅など西鉄施設7か所にも設置されており、使いたいときに3タイプのケーブルを内臓した充電器を借りることができます。

シェアサイクルの「チャリチャリ」(neuet: 東京都千代田区)は、1回90円分の利用が月3回まで無料です。チャリチャリの料金体系は、電動アシスト自転車は1分あたり15円、その他の自転車は1分あたり6円となっています。福岡市内に400か所、2,200台の自転車が配置されており、西鉄施設11か所(吉塚自動車営業所・百道浜自動車営業所など)からも乗車することができます。

また、SALT(福岡市)が運営し、福岡市内にある「HODO(フッド)天神」「SALT(ソルト)」の2つのシェアオフィスでは、「ちょいよか」のチケット利用でドロップイン(一時利用)料金が10%割引になります(通常2,200円/日)。

西鉄は、今後も各社と連携してサービス内容を順次拡大していき、バスや鉄道の利用者だけでなく地域の方々にも利便性を感じてもらえるサービスにしたいと話しています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉