「WEST EXPRESS 銀河」1月から再び山陽コース 大阪〜下関間を昼行週2往復 JR西日本

JR西日本は、2022年1月から長距離列車「WEST EXPRESS  銀河」を関西〜山陽方面で昼行列車として運転します。

JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」117系電車(ポニー/写真AC)
JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」117系電車(ポニー/写真AC)

西日本エリアの魅力あるさまざまな地域を結ぶ「WEST EXPRESS  銀河」は、2021年7月16日〜12月22日(水)まで紀南コース(京都駅〜新宮駅間)を下りは夜行、上りは昼行列車として運行しています。2022年1月15日(土)〜3月10日(水)は週2往復程度、大阪駅〜下関駅間を上下とも昼行の特急列車として運行することが決まりました。山陽コースでの運行は2020年12月12日〜2021年3月9日まで実施され、今回で2度目となります。

新たな長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」ツアーのご案内(提供: 日本旅行)

一部の週を除く火・土曜は下り列車(大阪駅発・下関駅行)、木・日曜は上り列車(下関駅発・大阪駅行)が運転されます(主な駅の運転時刻と運転日カレンダーは下表を参照)。今回も旅行会社が企画・実施する旅行商品に限定しての発売となります。商品の詳細情報は、「WEST EXPRESS  銀河」特設サイトからリンクする日本旅行の専用サイトで2021年11月12日(金)以降に告知される予定です。

【時刻表で解説】JR西日本 「WEST EXPRESS 銀河」 2022年1月から山陽方面へ運行

なお、「WEST EXPRESS 銀河」の運行に合わせて実施される駅や車内での「おもてなし」については決まり次第、別途発表するとしています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉