山陽新幹線「近トク1・2・3」2月まで発売延長 指定席の「直前割きっぷ」も JR西日本

JR西日本は、山陽新幹線のおトクなきっぷ「新幹線 近(ちか)トク1・2・3」「新幹線 直前割きっぷ」について、設定期間を2022年2月まで延長します。

山陽新幹線岡山駅に停車中のJR西日本500系(KUZUHA/写真AC)
山陽新幹線岡山駅に停車中のJR西日本500系(KUZUHA/写真AC)

いずれも2021年11月28日(日)乗車分まで設定されていましたが、2022年2月27日(日)まで利用期間が延長されます。期間中の金・土・日・祝日に限り利用可能です。ただし、2021年12月31日(金)〜2022年1月2日(日)は利用できない期間となります。

岡山駅すぐ 大浴場&サウナとジムが無料 小学生以下添い寝無料「ホテルアベストグランデ岡山」(提供: じゃらん)

「新幹線 近トク1・2・3」は、山陽新幹線の1〜3駅間の短区間が片道1,000円・1,500円・2,500円(大人用・小児半額、以下同じ)という手頃なおねだんで利用できるおトクなきっぷです。全列車が対象ですが、利用できる座席は自由席に限られます。姫路駅からの設定区間を例に挙げると、西明石駅・相生駅まで1,000円、新神戸駅まで1,500円、新大阪駅・岡山駅・新倉敷駅まで2,500円となります。一部の区間では3駅間以内であっても設定がない場合があります(すべての設定区間とおねだんは下表を参照)。

乗車日1か月前10:00から前日の23:30まで、JR西日本ネット予約「e5489」およびJR西日本の主な駅の「みどりの券売機」で発売されます。なお、みどりの券売機で購入できる区間は限られます。「e5489」で購入した場合、きっぷの受取前であれば利用日・区間の変更が可能です。

一方、「新幹線 直前割きっぷ」は乗車日3日前から前日までの購入を条件に、指定席が約40%オフで利用できる片道タイプの割引きっぷです。「新大阪駅(大阪市内)〜博多駅間」の発売額は8,400円(大人用・小児用の設定あり、以下同じ)で、通常きっぷ(「ひかり」「こだま」普通車指定席・通常期)と比べて6,880円おトクな設定となっています(主な設定区間のおねだんとおトク額は下表を参照)。予約した「ひかり」「こだま」の普通車指定席のみ利用可能で、全車自由席の「こだま」や「のぞみ」「みずほ」「さくら」の利用はできません。

「e5489」専用商品で、乗車日3日前5:30から前日の23:30まで購入が可能です。お支払い方法はクレジットカードに限られ、購入後はきっぷの受け取り前後に関わらず利用日・区間・列車の変更はできません。また、駅での発売は行われません。

【路線図で解説】JR西日本 山陽新幹線のおトクなきっぷ2種類 設定期間を2022年2月まで延長

JR西日本は、おトクな「新幹線 近トク1・2・3」「新幹線 直前割きっぷ」を活用し、移動には早くて便利な山陽新幹線を利用してほしいと話しています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉