ドトールコーヒー毎日飲めるサブスクリプション販売 定期券利用者はさらにおトク 東武

東武鉄道は、東武スカイツリーライン北千住駅と新越谷駅でコーヒーのおトクな「サブスクリプションサービス」を実施します。

ドトールコーヒーショップ東武新越谷駅店(東武鉄道提供)
ドトールコーヒーショップ東武新越谷駅店(東武鉄道提供)

対象店舗は東武食品サービス(東京都墨田区)が運営する「ドトールコーヒーショップ エキア北千住店」「同 東武新越谷駅店」のエキナカ2店舗です。駅の利便性とエキナカ施設の魅力向上を目的にサブスクリプションが導入され、期間を定めて検証が行われます。

お手持ちのPASMO・Suicaなど交通系ICカードを対象店舗で登録することにより、Mサイズのホットコーヒー(通常価格275円)を1日1杯(月31杯まで)楽しめるサブスクリプションを月額3,500円で購入できます。販売期間は2022年1月14日(金)〜2月13日(日)の予定で、先着1,000名限定につきなくなり次第販売終了となります。利用期間は3月15日(火)までとなります。

また、定期券および「TOBU POINT(トブポ)アプリ」ユーザーへの新たな付加価値づくりについても併せて検証されます。サブスクリプション購入時に東武線定期券を提示すると1,000円割引になります。さらに、このサービスで利用するPASMOがトブポアプリに登録されている場合には、TOBU POINT1,000ポイントが付与されます(詳細は下図を参照)。2つ組み合わせると実質月額1,500円となり、6杯以上は飲めば飲むだけおトクになる計算です。

【図表で解説】東武 北千住駅・新越谷駅でコーヒーの「サブスクリプションサービス」

東武鉄道は、今回のサービスの検証結果を踏まえて事業化を検討するとともに、鉄道利用価値の向上を図っていきたいとしています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉