朝通勤時にロマンスカー3本増発 夕方は海老名停車増 小田急ダイヤ変更 22時以降は減便

小田急電鉄は2022年3月12日(土)にダイヤ変更を実施し、特急ロマンスカーでは朝ラッシュ時間帯の増発や運転本数の見直しなどを行います。

小田急30000形電車「特急ロマンスカー・EXEα」(小田急電鉄提供)
小田急30000形電車「特急ロマンスカー・EXEα」(小田急電鉄提供)

利用者の行動変化に伴い平日の朝ラッシュ時に着席ニーズが高まっているとのことで、座席指定制の上り特急「モーニングウェイ号」が現行ダイヤの9本から3本増発され、12本の運転となります。小田原駅で乗車できる「モーニングウェイ号」の本数は1本から2本に、秦野駅では4本から6本へと増加し、通勤環境がより快適になります(運転時刻の概要は下表を暗証)。増発は複々線機能を活かしたもので、朝のピーク時間帯(8時前後の1時間)における都心方面直通の列車本数は現行36本ですが、ダイヤ変更後は38本へと増強されます。

一方、平日の帰宅タッシュ時間は従前と比べて早まっているとし、これに対応するため新宿駅を17時以降に出発する下り特急列車は「ホームウェイ号」へと変更されます。併せて、東京メトロ千代田線発の「メトロホームウェイ号」の運転時刻が1時間繰り上げられるとともに、22時以降に新宿駅を出発する「ホームウェイ号」が6本から3本へと減便されます。なお、新宿駅発の小田原駅方面「ホームウェイ号」は海老名駅に、千代田線からの「メトロホームウェイ号」は成城学園前駅にすべて停車するようになり、利便性が向上します。

平日ではそのほか、「はこね号(スーパーはこね号を含む)」「さがみ号」「えのしま号」の運転本数が終日にわたり見直されます。JR御殿場線直通「ふじさん号」の平日の運転本数は現行ダイヤから変更ありません(運転本数は下表を参照)。昼間時間帯には新宿駅〜海老名駅間で特急の所要時間が短縮されるほか、利便性向上のため伊勢原駅および秦野駅に停車する列車本数が増えます。

土休日も終日にわたり特急列車の運転本数が見直され、「ふじさん号」についても現行の8本から6本へと減少します(運転本数は下表を参照)。夕・夜時間帯は平日と同様に新宿駅17時以降発の下り列車が「ホームウェイ号」とされ、すべて海老名駅に停車します。また、新宿駅22時以降発の列車本数は5本から3本に削減されます。なお、土休日の「メトロホームウェイ号」は現行ダイヤからおおむね変更ありません。

【図表で解説】小田急 2022年3月12日(土)ダイヤ変更 特急ロマンスカーの変更概要

車両運用面では、ダイヤ変更前日の2022年3月11日(金)をもって特急ロマンスカー・VSE(50000形)の定期運行が終了します。ダイヤ変更後も引き続き運転される展望席付きの車両はGSE(70000形)のみとなります。

なお、ダイヤ変更後の特急ロマンスカーの運転時刻については2022年2月中旬頃から小田急電鉄公式サイトに掲載するとしています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉