「北海道&東日本パス」22年も春・夏・冬に発売 JRなど普通列車が7日間連続乗り放題

JR北海道とJR東日本は、両社管内の普通列車などが乗り放題の「北海道&東日本パス」を2022年も春季・夏季および冬季に発売します。

只見線小出駅に停車中のJR東日本キハ110系気動車(りっくん_/写真AC)
只見線小出駅に停車中のJR東日本キハ110系気動車(りっくん_/写真AC)

「北海道&東日本パス」はJR北海道、JR東日本の普通・快速列車およびBRT(バス高速輸送システム)が連続する7日間乗り降り自由となるおトクなきっぷです。JR線以外では青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線および北越急行の普通列車も追加費用なしで利用が可能です。新幹線や特急列車には乗車できませんが、北海道新幹線の新青森駅〜新函館北斗駅間に限り、別に特定特急券を購入することにより立席(空いている席)を利用することができます。

おねだんは大人11,330円・小児5,660円で、JR北海道・JR東日本の主な駅の指定席券売機、みどりの窓口または主な旅行会社で発売されます。利用期間は春季が2022年3月1日(火)〜4月22日(金)、夏季が7月1日(金)〜9月30日(金)、冬季が12月10日(土)〜2023年1月10日(火)となっています(発売期間・利用期間カレンダーは下表を参照)。

【詳細を確認】

また、有効な「北海道&東日本パス」と併用することにより、北海道新幹線(新青森駅〜新函館北斗駅間)の立席(空いている席)と北海道内特急列車の普通車自由席が1日乗り放題となる「北海道&東日本パス北海道線特急オプション券」も発売されます。有効期間は1日間で、おねだんは大人6,110円・小児3,050円です。「北海道&東日本パス」と同期間に設定されますが、お盆前後と年末年始期間については除外日となりオプション券の利用はできません(詳細は上表を参照)。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉