グランクラス「飲料・軽食なし」に変更で値下げ 東京〜金沢の北陸新幹線「はくたか」

JR東日本とJR西日本は、利用状況を考慮して北陸新幹線「はくたか」におけるグランクラスのサービス内容と料金を見直します。

北陸新幹線などで運行しているE7系(nanabanana/写真AC)
北陸新幹線などで運行しているE7系(nanabanana/写真AC)

東京駅〜金沢駅間を運転する「はくたか」のグランクラスでは、これまで専任アテンダントにより軽食やドリンク、おしぼり等が提供されてきましたが、2022年9月30日(金)をもってこのサービスが終了します。10月1日(土)以降はアテンダントが乗務しない「グランクラス(飲料・軽食なし)」のサービスへと変更され、軽食や飲み物についてはあらかじめ駅売店などで購入しておくよう案内されます。

このサービス見直しに伴い、適用されるグランクラス料金は現行より2,090〜4,180円割安になります。東京駅〜金沢駅間のグランクラス料金は現行の15,370円から11,190円となり、より利用しやすくなります(主な区間のグランクラス料金は下表を参照)。

【図表で解説】JR東日本・JR西日本 北陸新幹線「はくたか」 グランクラスのサービス・料金見直し

なお、北陸新幹線で最も停車駅の少ない「かがやき」では引き続き「グランクラス(飲料・軽食あり)」のサービスが提供され、グランクラス料金の変更はありません。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉