阪堺電気軌道 土曜は通常ダイヤに 日曜は減便を継続 60分以上運転間隔が開く時間帯も

阪堺電気軌道は、現在実施している土・休日ダイヤの減便について、6月5日(土)からは日曜・祝日のみに変更します。

新今宮駅前停留所に停車中の阪堺電気軌道モ601形電車(Katsumi/TOKYO STUDIO)
新今宮駅前停留所に停車中の阪堺電気軌道モ601形電車(Katsumi/TOKYO STUDIO)

新型コロナウイルス感染症の拡大による緊急事態宣言発令に伴う運転ダイヤの減便要請を受け、阪堺電気軌道は4月29日(木・祝)から土・休日ダイヤの電車本数を減便しています。6月5日(土)からは実施が日曜・祝日のみに変更され、土曜日については通常ダイヤでの運転となります。

日曜・祝日については引き続き当分の間、天王寺駅前停留所〜我孫子道停留所間は朝ラッシュ後から夜間にかけて、その他の区間は夕方・夜間の時間帯において一部の電車の運転が取り止められます(詳細は下表を参照)。運休に伴い前後の電車の発車時刻は変更されないため、時間帯によっては運転間隔が大きく開くことがあります。また、減便により、各方面へ接続する電車がない場合があります。始発・終電の時刻には変更はありません。利用状況により臨時電車を運転する場合があるとのことです。

【図表で解説】阪堺電気軌道 日曜・祝日に減便ダイヤ

なお、減便ダイヤ実施期間中の日曜・祝日は、引き続き新今宮駅前の乗車券発売所が臨時休業となります。天王寺駅前・我孫子道・浜寺駅前の各乗車券発売所については通常どおり営業されます。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉