新幹線グランクラス 軽食サービス6日から再開 アテンダントの新型コロナ感染で休止中

JR東日本・JR北海道・JR西日本は、休止していた新幹線「グランクラス」の飲料・軽食サービスを2021年8月6日(金)に再開します。

東北・北海道新幹線E5系のグランクラス車内(Usagino Saku/写真AC)
東北・北海道新幹線E5系のグランクラス車内(Usagino Saku/写真AC)

グランクラス専任アテンダントの新型コロナウイルス感染が確認されたため、グランクラスにおける飲料・軽食の車内サービスは7月16日(金)から中止されていました。アテンダントの感染が収束し、保健所ならびに産業医の指導のもと、乗客が利用できる環境が整ったとして、8月6日(金)から「グランクラス(飲料・軽食あり)」のサービスが再開されます。なお、当分の間、酒類の提供は休止されます。

8月6日(金)〜9月3日(金)運転の列車のグランクラスは、8月4日(水)営業開始時から発売されます。9月4日(土)以降に運転の列車については、通常どおり1か月前10時からの発売となります。なお、一部の列車では引き続き、発売される座席数が1列車あたり12席までに制限されます。

JR東日本は、今後もアテンダントはマスクを着用し、定期的な手洗いや手指消毒等の感染防止対策を引き続き行いながらサービスを提供するとしています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉