盛岡から釜石復興スタジアムへ直通臨時列車 JR東日本・三陸鉄道 ラグビーW杯記念試合

JR東日本と三陸鉄道は、2021年11月14日(日)に開催されるラグビー記念イベントに合わせ、鵜住居(うのすまい)駅に向けて臨時列車を運転します。

リアス線宮古駅に停車中の三陸鉄道36-700形気動車(忍者くん/写真AC)
リアス線宮古駅に停車中の三陸鉄道36-700形気動車(忍者くん/写真AC)

2019年ラグビーワールドカップ日本大会の会場となった釜石鵜住居復興スタジアム(岩手県釜石市)では同日、ラグビーの魅力や価値を再認識する目的で「いわて・かまいしラグビーメモリアルイベント」が開催されます。地元の「釜石シーウェイブス」が強豪「コベルコ神戸スティーラーズ」を迎え撃つメモリアルマッチが12:00キックオフで行われ、岩手や釜石の子どもたちが披露するアトラクションをはじめ「ラグビーのまち釜石」を受け継ぐための多彩なイベントが実施されます。

この開催に合わせ、スタジアム最寄りの鵜住居駅に向けて盛岡方面および宮古方面から臨時列車が運転されます。盛岡駅から東北本線・釜石線を経由し、釜石駅から三陸鉄道リアス線に直通する臨時列車は、往路が盛岡駅7:04発・鵜住居駅10:01着、復路が鵜住居駅15:10発・盛岡駅18:10着のダイヤで運転します(主な駅の運転時刻は下表を参照)。途中、矢幅駅・紫波中央駅・花巻駅・新花巻駅・土沢駅・宮守駅・遠野駅・小佐野駅・釜石駅に停車します。使用車両はJR東日本キハ110系2両編成で、全車自由席です。

また、リアス線内の臨時列車は往路が宮古駅8:45発・鵜住居駅9:58着、復路が鵜住居駅15:10発・宮古駅16:40着の時刻で1往復されます(運転時刻は下表を参照)。途中、津軽石駅・陸中山田駅・岩手船越駅・大槌駅に停車します。三陸鉄道の車両1両で運転します。

【時刻表で解説】三陸鉄道・JR東日本 ラグビーW杯記念イベント開催に合わせ臨時列車を運転

なお、メモリアルマッチの観戦は無料ですが、事前申し込みおよび抽選による観戦チケットの入手が必要です。スタジアム横に設けられる、パブリックビューイングや各種イベント会場となる「いわて・かまいしラグビーファンゾーン」については、観戦チケットをお持ちでない方も無料で入場できます。なお、入場はいずれも岩手県内在住の方に限られます。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉