東海道・山陽新幹線「こども無料」キャンペーン 「のぞみ」IC乗車 小児代金を全額返金

JR東海とJR西日本は、東海道・山陽新幹線のネット予約・チケットレス乗車で「こども」全員が実質無料となるキャンペーンを実施します。

東海道・山陽新幹線N700S(nozomi500/写真AC)
東海道・山陽新幹線N700S(nozomi500/写真AC)

「のぞみ」が2022年3月で30周年を迎えることと、会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」が2021年9月で20周年を迎えたことを記念して実施されます。2021年11月24日(水)〜12月19日(日)の期間中、条件を満たす対象区間の乗車分について、「こども」の利用代金が全額返金され実質無料で乗車できます。

旅行のおともに冊子時刻表を 「JR時刻表」「JTB時刻表」の最新号をチェック(提供: Amazon)

1つ目の条件は、「エクスプレス予約」個人会員または「スマートEX」会員であることです(法人会員および訪日旅行者向け会員は対象外)。「スマートEX」なら、お手持ちのクレジットカードと交通系ICカードを登録すればすぐに利用可能で年会費は無料です。

2つ目の条件は、対象区間の「のぞみ」普通車指定席・グリーン車の対象商品を「大人」と同時に「小児」も購入することです。大人・小児をともに含む2名以上の予約が対象で、最大6名まで予約可能です。対象商品は「スマートEXサービス」「同(往復割引)」「エクスプレス予約サービス」「同(往復割引)」の4種類で、早特商品やe特急券は対象外です。「のぞみ」の停車駅間でもキャンペーン対象とならない区間があります(対象区間は下図を参照)。また、列車を乗り継ぐ場合は適用されません。

3つ目の条件は、購入した区間を全員がチケットレスで乗車することです。予約完了後、乗車前までに予約人数全員分の交通系ICカードの登録を済ませておく必要があります。きっぷで乗車した場合はキャンペーン対象外となります。「小児」が利用する座席には原則として小児用の交通系ICカードを登録します。なお、小児の方が在来線区間を利用しない場合は大人用の交通系ICカード(無記名)を登録することも可能です。6歳未満の幼児・乳児の方が座席を1席利用する場合は、小児での予約と交通系ICカードが必要になります。

以上の条件を満たした場合は乗車後、2週間程度で「小児」の利用代金がクレジットカードにキャッシュバックされます。返金額はクレジットカードの利用明細書で確認できます。精算のタイミングによっては利用の翌月以降の返金となる場合があります。

【路線図で解説】JR東海・JR西日本 東海道・山陽新幹線 こども実質無料キャンペーン

例として、スマートEXで通常期に東京駅〜新大阪駅間片道の「のぞみ」普通車指定席を大人・小児各1名で利用した場合、大人1名14,520円・小児1名7,250円が決済されますが、後日7,250円が返金されるため、小児は実質0円で乗車できます。その他の区間の返金額はJR東海「東海道・山陽新幹線ネット予約&チケットレス乗車サービス」のWebサイトで確認することができます。

JR東海は、ご愛顧への感謝の気持ちを込めたキャンペーン実施中のこの機会にぜひ、ご家族やご友人などと「のぞみ」で旅に出かけてほしいと話しています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉