JR西日本 京阪神で大晦日深夜3時まで臨時列車 大阪環状線は15分間隔 終夜運転は行わず

JR西日本は、2021年度大晦日深夜から元日にかけて京阪神地区で終電以降に臨時列車を運転します。

大阪環状線大阪駅に停車中のJR西日本323系電車(源五郎/写真AC)
大阪環状線大阪駅に停車中のJR西日本323系電車(源五郎/写真AC)

臨時列車の運転が行われるのは6路線です(運転区間の路線図は下図を参照)。各区間とも2022年1月1日(土・祝)3:00頃までに運転を終了し、終夜運転は行われません。

メジャーな観光スポットから穴場スポットまで、古都奈良の思い出作りをお手伝い「観光人力車やまと屋」(提供: じゃらん)

大阪環状線は、大晦日の終電後に内・外回り各11本、約15分間隔で普通列車が元日3:00頃まで運転されます。なお、JRゆめ咲線については終電までの運転となり、臨時列車の運転はありません。

また、JR京都線・JR神戸線は京都駅〜大阪駅〜西明石駅間で約20〜40分間隔、大和路線は奈良駅〜JR難波駅間で約30〜60分間隔により普通列車が運転されます。そのほか、奈良線(京都駅〜城陽駅間)、学研都市線・JR東西線(四条畷駅〜京橋駅〜尼崎駅間)、万葉まほろば線(奈良駅〜桜井駅間)でそれぞれ約30分間隔の普通列車が設定されます。

【路線図で解説】JR西日本 2021年度大晦日深夜に臨時列車

JR西日本は、新型コロナウイルスの今後の感染状況によっては臨時列車の運転を取り止める場合があるとしています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉