急行を橿原神宮前行に短縮 吉野線内はワンマン2両に 南大阪線系統4月ダイヤ変更 近鉄

近畿日本鉄道(近鉄)は、2022年4月23日(土)に南大阪線・吉野線・長野線・御所線でダイヤ変更(ダイヤ改正)を実施します。

南大阪線浮孔駅〜坊城駅間を走行する近鉄6020系電車(ふじやん⭐︎/写真AC)
南大阪線浮孔駅〜坊城駅間を走行する近鉄6020系電車(ふじやん⭐︎/写真AC)

長期にわたる利用客の減少や、新型コロナウイルス感染症を契機とした生活環境の変化に伴う利用状況が考慮されたダイヤとなります。昼間時間帯を中心に一部列車の運転区間や車両編成の変更、一部列車のワンマン化が行われます。

南大阪線・吉野線の大阪阿部野橋駅〜吉野駅間を運転する急行列車は、平日ダイヤ9本、土・休日ダイヤ7本の行先および始発駅が変更され、大阪阿部野橋駅〜橿原神宮前駅間の運転になります。橿原神宮前駅〜吉野駅間については需要に見合った輸送力とするため、2両編成によるワンマン運転に変更されます(詳細は下表を参照)。

また、南大阪線の大阪阿部野橋駅〜橿原神宮前駅間を運転する一部の準急列車は、運転区間が大阪阿部野橋駅〜古市駅間に短縮されます。これに伴い、新たに古市駅〜橿原神宮前駅間には2両編成の普通列車が設定されるほか、尺土駅〜橿原神宮前駅間、古市駅〜近鉄御所駅間の普通列車も一部が2両編成での運転となります(一部はワンマン運転、詳細は下表を参照)。

【図表で解説】近鉄 2022年4月23日(土) 南大阪線系統のダイヤ変更

平日ダイヤで大阪阿部野橋駅〜古市駅間を運転する普通列車2往復については、藤井寺駅〜古市駅間の運転が取り止められ、藤井寺駅発着に変更されます(詳細は上表を参照)。そのほかにも、一部の列車の運転時刻や編成両数が変更となります。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉