「オフピークポイントサービス」刷新して継続 月5回以上の時差通勤がおトク JR東日本

JR東日本は、時差通勤を優遇する取り組み「オフピークポイントサービス」について、一部の内容をリニューアルして2022年4月以降も継続して提供します。

湘南新宿ラインなどで運行しているJR東日本E231系電車(まさきM/写真AC)
湘南新宿ラインなどで運行しているJR東日本E231系電車(まさきM/写真AC)

2021年3月15日に首都圏エリアで開始した「オフピークポイントサービス」は、Suica通勤定期券をお持ちの方が平日朝、ピークを避けた時間帯に利用することで「JRE POINT」が還元されるサービスです。新しい生活様式を志向する利用者から好評とのことで、2022年4月1日(金)以降も1年間延長されることが決まりました。

対象エリア内の駅において、ピーク時間帯の前後1時間に改札を入場した場合にポイント還元対象となる点は従来どおりですが、還元されるポイント数が変わります。2022年4月1日(金)利用分以降、1か月ごとに1〜4回目のオフピーク通勤に対しては1回あたり5ポイント、5回目以上の利用については5倍となる1回あたり25ポイントが還元されます。これまではピーク前・後の時間帯により還元ポイント数が異なっていましたが、4月以降は時間帯による差はなくなります(対象エリアの路線図と詳細は下図を参照)。

「オフピークポイントサービス」の利用には「JRE POINT」Webサイトでのエントリーが必要ですが、すでにエントリーしている方は特に操作することなく4月以降も利用可能です。

【路線図で解説】JR東日本 「オフピークポイントサービス」 リニューアルして実施期間延長

初めて「オフピークポイントサービス」を利用する方に向け、抽選で合計5,500名にプレゼントが当たる「オフピークデビュー55(ゴーゴー)キャンペーン」が実施されます。2022年4月1日(金)〜28日(木)の期間中の平日に、エントリー後初めてポイント還元対象の時間帯に利用した方が対象です。賞品は、2022年4月1日(金)から開始するサブスクリプションサービス「JREパスポート」の「コーヒー(S)2週間お試しプラン」(5,000名)および、モバイルSuicaでグリーン車を利用できる「Suicaグリーン券1回分」(500名)の2種類です。

JR東日本は、Suicaチャージ残高で同じ運賃の区間を繰り返し乗車した場合にポイントが貯まる「リピートポイントサービス」を実施していますが、こちらについても2022年4月以降もサービスを継続するとのことです。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉