JR西日本 全区間で回数券終了 接続各社と歩調 ICOCAエリア外は代替サービス恩恵なし

JR西日本は、自社線内の全区間と他のJR各社線にまたがる区間の普通回数乗車券について、2022年9月30日(金)をもって発売を終了します。

JR西日本の駅の自動券売機(Haru photography/写真AC)
JR西日本の駅の自動券売機(Haru photography/写真AC)

利用状況や経営環境の変化を踏また対応としており、JR西日本内完結となる区間に加え、JR東日本・JR東海・JR四国・JR九州の各線にまたがる区間も終了の対象となります。身体障害者用、知的障害者用および通学用(放送大学用、通信教育を行う高等学校用)の割引普通回数乗車券については今後も発売が継続されます。

なお、発売終了後も有効期間満了まではお持ちの回数券を利用できます(各鉄道事業者の回数券の発売終了情報まとめは下の図表を参照)。

【図表で解説】各鉄道事業者 回数券を相次いで発売終了

ICOCAエリアはポイント還元あり

JR西日本は、ICOCAエリア内の駅相互間に限って2021年9月30日に普通回数券の発売を終了しています。この際、同一運賃区間の利用を繰り返すとポイントを付与する「ICOCAポイントサービス(利用回数ポイント)」の還元率拡大を同時に実施し、おトク度を維持することで回数券からICOCAへの移行を促していました。

今回はこれまでの方針が転換され、代替サービスが用意されないICOCAエリア外の回数券にも発売終了の対象が広げられます。同日付でJR東日本・JR東海・JR四国も各社線内での普通回数券の発売終了を予定しており、接続する各社と足並みを揃えるかたちとなります(JR九州の普通回数券は2021年6月に発売終了済み)。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉