JR西日本4日間乗り放題「西日本どこまで4DAYS」 どんなきっぷ? 料金追加で特急もOK!

JR西日本は、鉄道開業150年を記念したおトクなきっぷとして、西日本エリアの普通列車が4日間乗り放題となる「西日本どこまで4DAYS(在来線乗り放題)」を期間限定で発売します。

きのくに線などで運行しているJR西日本227系電車(チビグレイ/Photolibrary)
きのくに線などで運行しているJR西日本227系電車(チビグレイ/Photolibrary)

おねだんは9800円

「JR西日本 どこでもきっぷ」「サイコロきっぷ」シリーズなど、JR西日本はここ数年、新たな視点で開発したおトクなきっぷを提案し続けています。今回新たに発売されるのは、JR西日本全線の普通列車(新快速・快速を含む)に連続する4日間、何度でも乗り降りできるフリータイプの乗車券です。「西日本をどこまでも乗りつくそう!」のキャッチコピーが添えられています。

JR西日本だけでなく、智頭急行やJR西日本宮島フェリーも利用できます。IRいしかわ鉄道の金沢駅〜津幡駅間は、JR線へ通過利用する場合に限りこのきっぷで乗車できます。

また、在来線特急列車には別途、特急券を購入することにより乗車することができます。利用エリアは限られますが、「チケットレス特急券」「トク特チケットレス」など、おトクなチケットレス商品との併用も可能です。また、博多南線(博多駅〜博多南駅間)は在来線特急扱いで、特急券を買い足せば利用できます。

注意したいのが、新幹線は乗り放題エリア内であっても「西日本どこまで4DAYS」で利用できない点です。北陸新幹線や東海道・山陽新幹線に乗車する場合は、特急券のほか運賃も別途必要になります。

「西日本どこまで4DAYS」のおねだんは1名9,800円(大人用のみ)で、JR西日本ネット予約「e5489」のみでの発売です。利用期間は2023年2月21日(火)〜3月21日(火・祝)の中で連続する4日間です。発売期間は2月20日(月)〜3月17日(金)で、利用開始日の前日までに購入する必要があります(乗り放題エリアの路線図など詳細は下の図表を参照)。

【路線図で解説】JR西日本 「西日本どこまで4DAYS(在来線乗り放題)」を発売

「青春18きっぷ」と比べてみると?

気になるのが、全国のJRの普通列車が乗り放題となる、おなじみの「青春18きっぷ」(12,050円)との比較です。「18きっぷ」は5回(日)分有効なので、おねだんは「西日本どこまで4DAYS」とほぼ同水準と言えます。

【京都・宮津】天橋立観光船+天橋立ケーブルカー・リフト往復乗車券|即予約確定
天橋立の魅力を海から空からまるごと満喫できる便利なチケットです。観光船、ケーブルカー・リフトは毎日運行しているため、当日予約OK
【天橋立観光船】天橋立桟橋 ⇔ 一の宮桟橋(往復区間)
【天橋立ケーブルカー・リフト】府中駅 ⇔ 傘松駅(往復区間)
チケットを購入 (提供:KKday)

「西日本どこまで4DAYS」ならではのメリットとして、智頭急行線がエリアに含まれるほか、特急料金を追加すれば特急列車も利用できる点が挙げられます。また、「駅レンタカー」を事前に予約して当日、営業所できっぷ提示すると、Sクラスが1日3,900円という特別価格で利用できる特典(台数限定)も活用できます。

逆に、「18きっぷ」には西日本以外のJR線でも利用できる、期間内で好きな利用日を選べる、グループでも利用できるといった特長があります。ちなみに、春季「18きっぷ」の利用期間は、2023年3月1日(水)〜4月10日(月)です。