第2弾は東横線 平日夜に必ず座れる「Q SEAT」 広々シートに電源・Wi-Fiも 運転時刻は?

東急電鉄は、2018年(平成30年)12月から大井町線で実施している有料座席指定サービス「Q SEAT」の対象路線を初めて拡大し、2023年8月10日(木)から東横線で新たに提供を開始します。

東横線で運行している東急5050系電車の一部編成で4・5号車に組み込まれた「Q SEAT」(画像提供:東急)
東横線で運行している東急5050系電車の一部編成で4・5号車に組み込まれた「Q SEAT」(画像提供:東急)

渋谷発 元町・中華街行の急行5本に連結

東急電鉄は2021年度に策定した中期事業戦略の中で、時代に即した公共交通のあり方の一つとして「混雑を感じない車内空間の拡充」を目指すことをうたっています。2023年3月開業の東急新横浜線に乗り入れる目黒線の車両が増備され、同社保有の編成はすべて8両編成化されています。

大井町線では、平日夜の帰宅ラッシュ時に田園都市線方面へ向かう一部の急行列車でQ SEATサービスが実施されており、必ず着席できることから利用率は好調とのことです。第2弾となる東横線での展開に向け、10両編成の5050系車両の一部では4・5号車に真っ赤なラッピングを施したQ SEAT車両が組み込まれ、2022年10月から順次、一般車両としての営業運転が始まっています。

利用者の多い東横線でのQ SEAT設定は、平日夕ラッシュのピーク時間帯を避けた、19:30以降の時間帯でのサービス提供となります。渋谷駅始発、元町・中華街駅行の急行列車5本が対象で、4・5号車の座席をロングシートからクロスシートに転換して有料の座席指定車として運行します。その他の号車の車両は現行の列車と同様、指定料金なしで利用できます。

(東横線で開始する有料座席指定サービス「Q-SEAT」の運転時刻、座席表と車内設備など詳細は下の図表を参照)

【時刻表で解説】東横線で開始する有料座席指定サービス「Q-SEAT」の運転時刻、座席表と車内設備

指定券のおねだん・購入方法は?

Q SEATの座席は既存車両よりも広く、電源コンセントやカップホルダーが装備され、車内Wi-Fiサービスも無料で利用できます。東急電鉄は、「ゆったりとした座席で読書の時間を過ごす、車内Wi-Fiを利用してパソコンなどでの作業時間にするなど、通勤時間を快適に有効活用してほしい」とコメントしています。

列車指定券は大井町線Q SEATと同様の大人・小児一律の500円で、渋谷駅〜菊名駅間で乗車または降車する場合に必要となります。横浜駅以降のみなとみらい線はフリー乗降区間に設定されており、この区間内のみ利用する場合に指定券の購入は不要です。

スマートフォンで指定券をキャッシュレス購入できる「Qシートチケットレスサービス」の東横線用サイトでは、事前会員登録の受付が始まっています。また、東横線の急行停車駅では改札窓口で指定券の購入を取り扱います。いずれも発売は当日のみで、乗車日より前の予約購入はできません。

東急電鉄は、乗客へのアンケートや利用動向を踏まえ、運転本数の見直しなどのサービス向上を継続的に実施していきたいとしています。

【神奈川】横浜|大観覧車「コスモクロック21」前売りチケット|即予約確定
全高112.5m、定員480名の世界最大の時計機能付き大観覧車。約15分の空中散歩では、昼は360度の雄大なパノラマを、夜は宝石をちりばめたような美しい夜景を満喫できます。
JR根岸線・市営地下鉄「桜木町駅」より徒歩 約10分
 みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩 約2分
この旅の体験を予約
(提供:KKday)