【運行情報】えちぜん鉄道勝山永平寺線が全線で運転再開 土砂災害から1か月ぶり復旧

この記事は過去の情報が基準となっているため、内容が古くなっている可能性があります。

土砂災害により運転を見合わせていたえちぜん鉄道勝山永平寺線の山王駅〜勝山駅間は、2021年4月6日(火)夕方に運転を再開しました。

えちぜん鉄道勝山永平寺線MC6101形電車(あつこっこ/写真AC)
えちぜん鉄道勝山永平寺線MC6101形電車(あつこっこ/写真AC)

3月2日(火)に小舟渡駅付近で発生した線路脇の斜面崩落の影響により、同日から勝山永平寺線は福井駅〜山王駅間での折り返し運転となり、山王駅〜勝山駅間は運転を見合わせていました。

福井県などによる現場の仮復旧工事は4月5日(月)に完了し、4月6日(火)には信号・踏切・電力関係設備の最終確認と試運転が実施されました。その結果、安全が確認できたため、勝山駅16:49発の福井駅行、ならびに福井駅16:25発の勝山駅行列車から運転が再開されました(路線図は下図を参照)。

【路線図で解説】えちぜん鉄道勝山永平寺線 全線運転再開

4月7日(水)以降、勝山永平寺線は始発からダイヤ通りの運転が予定されています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉