北陸新幹線の金沢〜敦賀間に新駅「越前たけふ」 JR西日本初ひらがな新幹線駅名誕生へ

JR西日本は、北陸新幹線延伸区間の福井駅〜敦賀駅間に設ける新駅の駅名を発表しました。

福井県内で建設が進む北陸新幹線の高架橋(丸岡ジョー/写真AC)
福井県内で建設が進む北陸新幹線の高架橋(丸岡ジョー/写真AC)

福井駅〜敦賀駅間の福井県越前市大屋町に建設する南越駅(仮称)については、正式名称が「越前たけふ」駅(えちぜんたけふ)に決まりました(路線図は下図を参照)。2024年春に予定している北陸新幹線の金沢駅〜敦賀駅間延伸と同時に開業します。JR西日本管内の新幹線駅名で「ひらがな」が使用されるのは初めての事例です。

なお、同市内には福井鉄道福武線の越前武生駅があり、同じ読みの駅が約3km離れた場所に併存することになります。

【路線図で解説】JR西日本 北陸新幹線(金沢〜敦賀間)新駅の駅名を決定

あわせて、北陸本線の小松駅、加賀温泉駅、芦原温泉駅、福井駅、敦賀駅に併設される駅については、北陸本線と同じ駅名となることも発表されました。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉