往復JR券+ハウステンボス「1DAYパスポート」 JR九州が福岡・長崎からおトクなきっぷ

JR九州は、往復JR券にハウステンボス「1DAYパスポート」が付いたおトクなきっぷをインターネットで発売します。

JR九州の特急「ハウステンボス」783系電車(nozomi500/写真AC)

きっぷの名称は「エンジョイ! ハウステンボスきっぷ」で、2021年7月1日(木)に発売が開始され、以降は通年で発売されます。発駅(福岡市内および長崎駅)からハウステンボス駅までの往復JR券と、ハウステンボスの「1DAYパスポート引換券」がセットになった企画乗車券です。12月31日を除く毎日利用できます。福岡市内発の有効期間は4日間で、往復とも特急列車指定席が利用できます。長崎発の有効期間は2日間で、普通・快速列車の利用となります(詳細は下表を参照)。

「1DAYパスポート引換券」は、ハウステンボスの窓口で「1DAYパスポート」に引き換えて利用します。きっぷの有効期間内に1回限り有効です。なお、12月31日には利用できないので注意が必要です。

おねだんは、福岡市内発が大人11,400円、中高生10,540円、小学生6,770円です。大人用の場合、通常きっぷとハウステンボスのパスポートを個別に購入する場合と比べて3,360円おトクになります。長崎駅発の場合、大人8,820円、中高生7,920円、小学生5,460円となっており、大人用のおトク額は1,180円です。

「JR九州インターネット列車予約」で購入後、JR九州の主な駅で受け取って利用します。インターネットのほか、香椎駅・博多駅・笹原駅・長崎駅の指定席券売機でも購入できます(駅のみどりの窓口では発売されません)。

【図表で解説】JR九州 「エンジョイ! ハウステンボスきっぷ」

「エンジョイ! ハウステンボスきっぷ」の発売に伴い、ハウステンボスを目的地とする往復JR券タイプ(入園券なし)のおトクなきっぷが見直されます。廃止されるのは「ハウステンボスアクセスきっぷ」(北九州市内・熊本駅・鹿児島中央駅・大分駅・佐賀駅・諫早駅・長崎駅のすべての発駅)で、2021年6月30日(水)をもって発売終了となります。なお、福岡市内〜ハウステンボス駅間の「2枚きっぷ(指定席)」(大人5,410円、小児2,570円)については発売が継続されます。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉