愛称は「スペーシアX」 23年7月15日運行開始 ラウンジ内カフェに4本の生ビールタワー

東武鉄道は、特急スペーシアの新型車両として導入するN100系について、愛称名を「スペーシアX (SPECIA X)」と決定し、1年後の2023年7月15日(土)に運行を開始すると発表しました。

東武特急スペーシア新型車両N100系「スペーシアX」のエクステリアデザイン(イメージ)(画像提供: 東武鉄道)
東武特急スペーシア新型車両N100系「スペーシアX」のエクステリアデザイン(イメージ)(画像提供: 東武鉄道)

スペーシアの正統進化

日光・鬼怒川エリアへの輸送の代名詞として定着している「スペーシア」の伝統やイメージを継承しつつ、より上質なフラッグシップ特急として正統進化したことを表現しています。「X」の文字には旅体験(Experience)、文化や人々の交わり(cross=X)、未知なる(X)可能性など、新型車両に期待されるさまざまな役割が込められているとのことです。愛称ロゴには、車両エクステリアデザインにもモチーフとして取り入れられた伝統工芸「鹿沼組子」をイメージして開発された書体が使用されています。

運行区間は東武スカイツリーライン・日光線・鬼怒川線の浅草駅〜東武日光駅・鬼怒川温泉駅間で、観光に便利な時間帯を中心に毎日2〜4往復するダイヤが組まれる予定です。スタンダードシート、プレミアムシートにはスペーシアX専用の特急料金が適用され、個室やラウンジタイプなど特別な座席を利用する場合、スタンダードシート特急料金に上乗せされる特別座席料金が別途必要となります(運行区間の路線図、特急料金等の詳細は下の図表を参照)。

【路線図で解説】東武 特急スペーシア新型車両の愛称名・運行開始日・料金等を決定

旅行商品は1年前から順次発売

1号車「コックピットラウンジ」内に設置されるカフェカウンターの営業概要も決まりました。「NIKKO the CLASSIC~日光のクラシックは常に新しく進化する~」をコンセプトに、気品高く落ち着いた空間から日光の「食」の魅力を発信し続けます。看板メニューとなる「Nikko Brewing」のオリジナルクラフトビールをはじめ、全国各地から厳選したビールを楽しめるようカウンターに4本のドラフトタワーが整備されます。また、地元で愛される「日光珈琲」と連携してオリジナルのクラフトコーヒーが開発され、売上の一部を環境保全などの地域づくりに活かす仕組みも構築されます。

東武トップツアーズ(本社:東京都墨田区)、クラブツーリズム(本社:東京都新宿区)、エイチ・アイ・エス(本社:東京都港区)は、スペーシアXの乗車を含む日光方面の日帰り・宿泊旅行商品を企画します。新型特急の多彩なシートバリエーションを活かし、お一人様からファミリー、ラグジュアリー向けなどさまざまな旅行シーンに応えるツアー商品が順次取り揃えられるとのことです。運行開始まで1年となる2022年7月15日(金)15:00から各社Webサイトなどで発売が開始されます。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉