「ジャパン・レール・パス」88%値上げ JR6社 「のぞみ」乗車認める 外国人旅行者向け

JRグループ6社(JR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州)は、鉄道を使って日本全国をおトクに周遊できる「ジャパン・レール・パス(JAPAN RAIL PASS)」を訪日観光客向けに発売していますが、商品内容を一部拡充した上で価格を値上げします。

東海道・山陽新幹線で運行しているN700S(マイペイ/写真AC)
東海道・山陽新幹線で運行しているN700S(マイペイ/写真AC)

「のぞみ」「みずほ」利用は条件付き

パスを購入できるのは原則として、海外から日本へ「短期滞在」の資格で入国する外国人旅行者です。パスには「普通車用」と、グリーン車も利用できる「グリーン車用」の2種類があり、それぞれ有効期間が異なる「7・14・21日用」の設定があります。利用可能範囲は全国のJR全線やJRバスなどで、有効期間内なら新幹線、特急列車も含めて何度でも乗り放題です。

ただし、他の列車より割高に料金設定されている東海道・山陽・九州新幹線の「のぞみ」「みずほ」については現在のところ、自由席も含めてパスでの乗車は認められていません。東海道新幹線で「のぞみ」が運転を開始したのは1992年(平成4年)3月ですが、当初から利用が制限されており、どうしても利用したい場合は特急料金のほか、当該区間の運賃も別途支払う必要があります。

「ジャパン・レール・パス」は2023年10月頃をめどに商品見直しを予定しており、ようやく「のぞみ」「みずほ」も利用できるようになります。ただし、無条件での解禁ではなく、乗車前に「専用のきっぷ」を追加で購入するというワンステップが必要となります。このきっぷの価格などについては現在検討中で、決まり次第告知するとしています。

そのほか、パスをお持ちのインバウンド旅行者が、日本国内の観光施設で割引などの特典を受けられるサービスの新たな提供も予定されています(「ジャパン・レール・パス」の利用資格、利用できる区間・列車、現行と改定後の価格比較など詳細は下の図表を参照)。

【図表で解説】「ジャパン・レール・パス」で利用できる区間・列車、現行と改定後の価格比較

「普通車用」「グリーン車用」とも大幅値上げ

このように商品内容が拡充される「ジャパン・レール・パス」ですが、価格の見直しも同時に行われます。

「普通車用」を例に取ると、7日間有効のものは現在、JRが指定する海外の販売店・代理店では29,650円、専用販売サイト「JAPAN RAIL PASS Reservation」では33,610円で発売されています。改定後はこの価格差がなくなり、発売形態にかかわらず50,000円に統一されます。そのほか、14日間用は80,000円、21日間用は100,000円に統一されます。

「グリーン車用」についても、発売方法に依存しない統一価格が採用されます。「普通車用」「グリーン車用」全券種の平均では、現行の海外窓口発売価格を基準とすると約88%の値上げで、大幅な価格改定となります。

JRグループは、今回の利用列車拡大のほかにも、これまでサービス向上のためさまざまな施策を行ってきたとしています。新幹線の延伸による周遊可能エリアの拡大、専用サイトでの発売や指定席予約の導入、自動改札機の対応などの具体例を挙げ、値上げへの理解を求めています。

なお、2017年(平成29年)3月以降、日本国内の主要駅等の窓口では、引換券がなくても「ジャパン・レール・パス」を直接購入できる試験発売が実施されていました。この取り扱いは終了し、専用サイトで購入後、国内窓口でパスに引き換える方法に統合されます。

【兵庫】岩塩 和らかの湯 クーポン
ヒマラヤ岩塩を溶かし込んだ岩塩風呂をメインとする日帰り入浴施設です。露天風呂やサウナはもちろん、コミックコーナーといったお風呂上りにうれしい施設も完備。
JR神戸線「立花駅」より徒歩約18分
この旅の体験を予約
(提供:アソビュー!)