【速報】阪急・阪神・南海など関西私鉄各社も大晦日の臨時列車を中止

この記事は過去の情報が基準となっているため、内容が古くなっている可能性があります。

阪急電鉄、能勢電鉄、阪神電気鉄道、南海電気鉄道、神戸電鉄、山陽電気鉄道は、2020年12月31日(木)大晦日に予定していた臨時列車の運行を取り止めると発表しました。

阪急嵐山線で運行されている6300系電車
阪急嵐山線で運行されている6300系電車

各社とも、新型コロナウイルス感染症の拡大状況を考慮して中止を決定したとしています。

阪急、能勢電、南海、山陽は大晦日の終電を2:00頃まで、阪神は1:45頃まで延長するかたちで臨時列車の運行を予定していました。また、神戸電鉄は通常の終電後、0時台に上下1本の臨時列車を運転することを告知していましたが、これらはすべて取り止めとなります。各社とも、12月30日(水)〜1月3日(日)まで通常の土休日ダイヤで運転されます。

南海線では1月1日(金・祝)〜1月3日(日)の正月三が日に住吉大社駅に空港急行、区間急行列車が臨時停車すると発表されていましたが、こちらは予定どおり実施されます。

また、能勢電鉄が運営する「妙見の森ケーブル」「妙見の森リフト」は、予定していた2021年1月1日(金・祝)元日の早朝運転が中止となります。冬期運休中ですが、1月1日(金・祝)〜1月3日(日)までは臨時に営業されます(ケーブルは9:20〜17:00、リフトは9:30〜16:20)。

関西ではこのほか、水間鉄道が全線で大晦日〜元日にかけて終夜運転することを計画していましたが、国土交通省からの終夜運転の自粛要請を受け、中止することを発表しています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉