四日市あすなろう鉄道 21日からICカード乗車可 ICOCA定期券は「印字無し」の簡易版に

三重県四日市市の第三セクター鉄道 四日市あすなろう鉄道は、交通系ICカードシステム「ICOCA」を導入し、2021年8月21日(土)始発からサービスを開始します。

ナローゲージ(線路幅762mm)車両の四日市あすなろう鉄道260系電車(s************************m/写真AC)
ナローゲージ(線路幅762mm)車両の四日市あすなろう鉄道260系電車(s************************m/写真AC)

利用者の利便性向上と、キャッシュレス化および非接触型サービスの実現を目指して導入されるものです。内部線・八王子線の全駅に入場・出場用のIC改札機が設けられ、ICOCA・PiTaPaをはじめとする全国相互利用が可能な交通系ICカード10種が利用できるようになります(路線図は下図を参照)。あすなろう四日市駅にはICカード入金機も設置されます。

【路線図で解説】四日市あすなろう鉄道 交通系ICカード対応開始

交通系ICカードおよびICOCAによるIC定期券は、8月21日(土)からあすなろう四日市駅で発売されます。あすなろう鉄道線内のIC定期券のほか、あすなろう鉄道と近畿日本鉄道(近鉄)などの定期券とを1枚にまとめたIC定期券も発行できます。現在利用中の定期券をIC定期券に変更することも可能です。「1箇年通学定期乗車券」はあすなろう鉄道発売のものに限り、IC定期券への変更に対応しています。IC定期券の発売時間は、通常の定期券と同じく6:00〜22:00です。

IC定期券はすでにお持ちのICOCAのほか、「SMART ICOCA」「KIPS ICOCA」にも付加することができます。ICOCA以外の交通系ICカード(PiTaPa・TOICAなど)には定期券を付加することができません。

あすなろう鉄道のIC定期券はICOCA券面に定期券情報が印字されないため、発売時に交付される別紙「地域鉄道ICOCA定期券内容控」で定期券の内容を確認します。あすなろう鉄道と他社のIC定期券と1枚にまとめた場合、他社の定期券情報のみ券面に記載されます。別紙により定期券情報を確認する方式は、中国JRバス、近江鉄道バスなどに導入されている「バスICOCA定期券」で採用されていますが、鉄道路線では初めての事例となります。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉