JR東日本 大雨で14日は飯山線・篠ノ井線など運休 上越線一部区間は15日まで終日運休

この記事は過去の情報が基準となっているため、内容が古くなっている可能性があります。

JR東日本は、大雨が見込まれるため2021年8月14日(土)は信越エリアの一部区間で列車の運転を取り止めます。

上越線で運行しているJR東日本E129系電車(りっくん_/写真AC)
上越線で運行しているJR東日本E129系電車(りっくん_/写真AC)

新潟エリアでは、上越線の浦佐駅〜水上駅間で始発列車から終日運転が取り止められ、浦佐駅〜長岡駅間で折り返し運転が行われます。この区間は8月15日(日)も引き続き終日運休となります。また、飯山線は十日町駅〜森宮野原駅間で8月14日(土)始発から終日運転見合わせとなり、越後川口駅〜十日町駅間での折り返し運転となります。

運転が予定されていた観光列車の快速「ゆざわShu*Kura」は、8月14日(土)・15日(日)とも全区間で運休となります。

長野エリアでは、大雨の影響により飯山線(豊野駅〜森宮野原駅間)、篠ノ井線(松本駅〜長野駅間)および大糸線(信濃大町駅〜南小谷駅間)で始発から運転が取り止められ、運転再開見込みは立っていません。JR東海管内の終日運転見合わせに関連し、中央本線(茅野駅〜塩尻駅間、岡谷駅〜辰野駅間)および篠ノ井線(塩尻駅〜松本駅間)では一部の列車が運休となります。

そのほか、中央本線(小淵沢駅〜塩尻駅間、岡谷駅〜辰野駅〜塩尻駅間)、篠ノ井線(塩尻駅〜松本駅間)および小海線では、今後の気象状況により遅れや運休が発生する場合があるとしています。

特急列車では、名古屋駅〜長野駅間の「しなの」が大雨の影響ですべての列車が全区間運転取り止めとなります。また、特急「あずさ5・46号」は信濃大町駅〜南小谷駅間で部分運休します。観光列車は、快速「おいこっと」「リゾートビューふるさと」について全区間での運休が決定しています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉