JR全線 連続3日間乗り放題「秋の乗り放題パス」 北海道新幹線に乗れるオプション券も

JRグループは、10月14日の「鉄道の日」に合わせて普通列車の旅を楽しめるおトクなきっぷ「秋の乗り放題パス」を2021年度も発売します。

東海道本線浜松駅に停車中のJR東海211系電車並び(nozomi500/写真AC)
東海道本線浜松駅に停車中のJR東海211系電車並び(nozomi500/写真AC)

乗り放題区間は日本全国のJR線で、普通列車(快速・新快速を含む)の普通車自由席、BRT(バス高速輸送システム)ならびにJR西日本宮島フェリーが連続する3日間、自由に乗り降りできます。発売期間は2021年9月11日(土)〜10月22日(金)で、利用期間は10月2日(土)〜24日(日)の23日間です。おねだんは大人7,850円、小児3,920円で、全国のJRの主な駅、JRの旅行センターおよび主な旅行会社で発売されます(詳細は下表を参照)。

「秋の乗り放題パス」1枚を複数人で利用することや、大人用パス1枚を小児2人で利用することはできません。有効期間は利用期間のうち連続する3日間です。有効期間最終日の乗車が翌日にまたがる場合、乗車した列車が0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効です(東京・大阪の電車特定区間内は終電車まで有効)。

JR線と直通運転している第三セクター鉄道線やJRバスでは利用できません。ただし、青い森鉄道線の「青森駅〜八戸駅間」「青森駅〜野辺地駅間」「八戸駅〜野辺地駅間」、あいの風とやま鉄道線の「高岡駅〜富山駅間」、IRいしかわ鉄道線「金沢駅〜津幡駅間」については、普通・快速列車で途中駅で下車せず通過利用する場合に限って利用できる特例が設けられています。

特急列車(新幹線を含む)やグリーン車には乗車できず、利用する場合は特急券・グリーン券のほかに乗車券を別途購入する必要があります。ただし、石勝線「新得駅〜新夕張駅間」、奥羽本線「新青森駅〜青森駅間」、佐世保線「早岐駅〜佐世保駅間」および宮崎空港線「宮崎駅〜宮崎空港駅間」の各区間に限って特急列車の普通車自由席に乗車できます。また、普通・快速列車のグリーン車自由席に限り、グリーン券を別に購入することにより乗車できます。

【図表で解説】JRグループ 「秋の乗り放題パス」

また、「秋の乗り放題パス」と組み合わせて利用することで、本州と北海道との間を旅行することができる「秋の乗り放題パス 北海道新幹線オプション券」も併せて発売されます。北海道新幹線「奥津軽いまべつ駅〜木古内駅間」の普通車の空いている席と、道南いさりび鉄道線「木古内駅〜五稜郭駅間」の普通列車が1枚につき片道1回のみ利用できます。おねだんは大人2,490円、小児1,240円で、「秋の乗り放題パス」利用期間の最終日(10月24日(日))まで発売されます。

オプション券は単独では利用できず、係員のいる改札で有効期間内の「秋の乗り放題パス」と一緒に提示して利用します。新幹線を上記以外の区間にまたがって利用することはできません。また、木古内駅・五稜郭駅以外の道南いさりび鉄道線の各駅で下車することはできません。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉