宮崎の観光列車「海幸山幸」 1日限りの福岡出張 九州国立博物館タイアップ企画 JR九州

JR九州は、普段は宮崎エリアで運転している特急「海幸山幸」を博多駅〜二日市間で特別運行します。

特急「海幸山幸」で運行しているJR九州キハ125系400番台気動車(KUZUHA/写真AC)
特急「海幸山幸」で運行しているJR九州キハ125系400番台気動車(KUZUHA/写真AC)

九州国立博物館(福岡県太宰府市)で特別展「海幸山幸 -祈りと恵みの風景-」が開催されることに合わせたタイアップ企画です。「海に山に、神話が息づく宮崎の魅力を味わう」ために登場し、通常は日南線の宮崎駅〜南郷駅間を結ぶD&S列車(観光列車)「海幸山幸」ですが、2021年10月10日(日)の1日に限り、鹿児島本線の博多駅から二日市駅まで特別運行します。10月10日は、2009年に「海幸山幸」が運行を開始した記念日でもあります。

特急「海幸山幸」は博多駅〜二日市間を途中停車駅なしで計5本運転します。運転時刻は、下り二日市駅行が博多駅15:18発(91号)、17:00発(93号)の2本、上り博多駅行が二日市駅14:25発(92号)、16:17発(94号)、18:26発(96号)の3本です(時刻表は下表を参照)。全車指定席のため、乗車券の他に指定席特急券(大人840円・小児420円)を事前に購入する必要があります。

当日は各列車で客室乗務員による車内販売が行われるほか、すべての乗客に「飫肥杉(おびすぎ)箸」がプレゼントされます。また、列車ごとに異なる「おもてなし」も実施されます。「海幸山幸92・96号」では、専用の日付入りフォトパネルでの記念撮影ができます。「海幸山幸91・93号」では、列車のストーリーである「海幸彦・山幸彦伝説」が手作り紙芝居で紹介されます。「海幸山幸94号」では、5枚のカードから「海幸彦・山幸彦」の絵柄を選べたら宮崎のお土産をゲットできる運試しにチャレンジできます。

10月10日(日)は特別運行以外に、特急「海幸山幸」のツアー専用列車が門司港駅から二日市駅まで運転されます。JR九州の特別ツアー「特急海幸山幸で行く! 特別展『海幸山幸 -祈りと恵みの風景-』」へ申し込んだ方のみ乗車でき、門司港駅・小倉駅・折尾駅から乗車することができます。お問い合わせはJR九州トラベルデスク(電話092-482-1489、火曜休業)まで。また、この専用列車に合わせて、13:00頃に博多駅6番のりばで出発セレモニーも開催されます。

【時刻表で解説】JR九州 「海幸山幸」 博多〜二日市間で特別運行

九州国立博物館の特別展の開催期間は10月9日(土)〜12月5日(日)です。見どころは九州初公開で、日本の四季を大胆に描いた傑作とされる室町時代の国宝「日月山水図屏風」です。特別展の期間に限り、普段は特急「海幸山幸」に乗車した方しか購入できない車内販売オリジナルグッズ9種類が博物館で購入できます。

また、博物館出口付近には10月12日(火)〜12月5日(日)の間、「宮崎PRブース」が開設されます。願い事によって異なる「こより」を結ぶと願いが叶うとされている、青島神社「産霊紙縒(むすひこより)」のレプリカが設置されます。産霊紙縒は展示会終了後、青島神社へ奉納されるとのことです。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉