三角線 21日・28日は宇土〜三角間で昼間保守工事 上下計12本運休 代行輸送なし JR九州

JR九州は、三角線の宇土駅〜三角駅間で昼間時間帯に線路の保守工事を実施することに伴い、一部の列車を運休します。

三角線住吉駅に停車中のJR九州キハ200形気動車(ヒゴ清正/写真AC)
三角線住吉駅に停車中のJR九州キハ200形気動車(ヒゴ清正/写真AC)

実施日は2021年10月21日(木)・28日(木)の2日間で、工事時間帯は鹿児島本線を含む熊本駅〜三角駅間で上下計12本の列車が運休します。運転が取り止められるのは、下り列車が熊本駅9:02〜14:47発の三角駅行6本、上り列車は三角駅9:04〜14:44発の熊本駅行6本です。工事前の最終列車は下り熊本駅8:06発の三角駅行および、上り三角駅8:23発の熊本駅行です。また、工事終了後は下り熊本駅16:00発の三角駅行および、上り三角駅15:57発の熊本駅行列車から運転を再開します(運転時刻は下表を参照)。

【時刻表で解説】JR九州 三角線で線路保守工事 一部列車を運休

なお、今回の保守工事では運休区間のバス等による代行輸送は行われません。JR九州は、工事時間帯は他の交通機関を利用するよう周知しています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉