地獄谷野猿公苑に行くなら「スノーモンキーパス」 長野電鉄+長電バスが2日間乗り放題

長野電鉄は、「地獄谷野猿公苑」(長野県山ノ内町)の入苑料と電車・バスの乗車券がセットになった「スノーモンキーパス(SNOW MONKEY PASS)」を発売します。

地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(イメージ)(丸岡ジョー/写真AC)
地獄谷野猿公苑の温泉に入るニホンザル(イメージ)(丸岡ジョー/写真AC)

志賀高原を源とする横湯川の渓谷にある標高850mの地獄谷野猿公苑は、野生のニホンザルの興味深い生態を間近で観察できる人気の観光スポットです。冬季には温泉に入るサルの群れを見られることもあり、その珍しさから海外でも”Snow Monkey”の呼び名で広く知れ渡っています。

一歩足を踏みこめば、日頃の喧騒から離れ和のくつろぎの空間へ「信州湯田中温泉 よろづや」(提供: じゃらん)

2021年後冬シーズンの「スノーモンキーパス」発売期間は2021年12月4日(土)〜2022年4月4日(月)です。購入日から連続する2日間有効で、長野電鉄の鉄道全線と長電バスの急行バス・路線バスが乗り放題となるほか、有効期間中に1回、野猿公苑に入苑することができます。長野電鉄主要駅(長野駅・市役所前駅・権堂駅・善光寺下駅・信濃吉田駅・須坂駅・小布施駅・信州中野駅・湯田中駅)の窓口で発売されます。

鉄道線は自由席の特急料金が含まれています。特急列車予約サイトから指定券を購入すると指定席に乗車することもできます。急行バスは志賀高原線(長野駅東口〜スノーモンキーパーク間)、路線バスは奥志賀高原線・白根火山線・上林線(湯田中駅〜スノーモンキーパーク間)が乗り降り自由です(利用可能区間の路線図は下図を参照)。ただし、毎週金曜を中心に運転する長野駅東口21:00発の奥志賀高原行臨時バスについては、予約定員制のため利用できません。

【路線図で解説】長野電鉄 「スノーモンキーパス (SNOW MONKEY PASS)」

なお、「スノーモンキーパーク」バス停から野猿公苑までは徒歩で約35分かかり、未舗装で階段や坂、段差があります。また、野猿公苑にサルがいなかった場合も含め、利用開始後のきっぷの払い戻しは一切できません。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉