西九州新幹線「かもめ」長崎へ 開業は9月23日 武雄温泉で「リレーかもめ」と対面乗換

JR九州は、西九州新幹線(武雄温泉駅〜長崎駅間)の開業日を2022年9月23日(金)に決定しました。

大村車両基地で公開された西九州新幹線「かもめ」として運行予定のJR九州N700S(写真提供: JR九州)
大村車両基地で公開された西九州新幹線「かもめ」として運行予定のJR九州N700S(写真提供: JR九州)

西九州新幹線は、「全国新幹線鉄道整備法」に基づき整備が計画されている九州新幹線西九州ルート(福岡市〜長崎市間)のうち、現在整備が進められている武雄温泉駅〜長崎駅間の路線名称です。2022年秋頃の開業予定とされていましたが、正式な開業日が公表されました。

武雄温泉駅〜長崎駅間66kmはフル規格(標準軌)で整備され、武雄温泉駅で博多駅〜武雄温泉駅間を運転する在来線特急列車「リレーかもめ」と同じホームで乗り換えを行う「対面乗換方式」が用いられます。博多駅〜長崎駅間の所要時間は最速で約1時間20分となり、現行の特急「かもめ」利用と比べて約30分短縮します。

西九州新幹線に設置されるのは武雄温泉駅・嬉野温泉駅・新大村駅・諫早駅・長崎駅の5駅で、駅ごとに異なる地域性をイメージして作曲された「発車メロディ」が導入されます(路線図は下図を参照)。新大村駅は接続する大村線(竹松駅〜諏訪駅間)にも新たに駅が設けられるほか、新幹線の大村車両基地に近接する場所にはもう一つの新駅「大村車両基地駅」(松原駅〜竹松駅間)が開業します。

【路線図で解説】JR九州 西九州新幹線の開業日を決定

JR東海のN700S車両を6両に短編成化した新型の新幹線車両は、JR九州のコーポレートカラーである赤の配色やシンボルマーク、ロゴが配置された独特なエクステリアが特徴的です。1961年(昭和36年)から長崎行の特急列車に付けられ、約60年間親しまれてきた「かもめ」が列車名に採用されました。

JR九州は、地域の方々と一体となって西九州新幹線の開業に向けて必要な準備を行い、九州の発展や地域の元気につなげたいと話しています。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉