長良川鉄道 刃物会館前→「せきてらす前」駅に改称 美濃太田〜関間で増発のダイヤ改正

長良川鉄道は2022年3月12日(土)に刃物会館前駅の駅名を「せきてらす前」駅に変更し、同日のダイヤ改正により列車の増発を実施します。

関駅に停車中の長良川鉄道ナガラ300形気動車(源五郎/写真AC)
関駅に停車中の長良川鉄道ナガラ300形気動車(源五郎/写真AC)

岐阜県関市に2021年3月に開業した「せきてらす」は、生産量日本一の「刃物」をはじめとした地域の文化・産業の魅力を発信する観光施設です。関の刃物の展示、直売を行う「岐阜関刃物会館」も敷地内に移転しました。

刃物会館前駅は、国鉄越美南線が長良川鉄道へ転換された1986年(昭和61年)12月11日に同時に開業しました。長良川鉄道は「より多くの方に『せきてらす』を知っていただくため」改称することに決めたとしています。新駅名となる2022年3月12日(土)からは、せきてらす前駅への改称を記念した入場券が数量限定で発売されます(詳細は下表を参照)。

【時刻表で解説】長良川鉄道 2022年3月12日(土)ダイヤ改正

ダイヤ改正では夕方17〜18時台に美濃太田駅〜関間で上下各1本の列車が増発され、運転間隔を短くすることで通勤・通学の利便性が高められます(時刻表は上表を参照)。そのほか、JR東海のダイヤ改正に合わせて美濃太田駅での高山本線・太多線との接続見直しが図られます。

〈この記事へのご意見・ご感想をSNSでお聞かせください。〉